(出典 img.footballchannel.jp)



“38歳誕生日会”の写真をインスタグラムで公開、バルサで共闘のマスチェラーノも祝福

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが4日に自身のインスタグラムを更新し、神戸市内で催した“38歳誕生日ショット”を公開している。今季限りで引退する名ストライカーは「最高の誕生日」と綴り、元バルセロナの同僚も祝福している。

 神戸に今季加入したビジャはここまでリーグ戦27試合に出場し、得点ランキング6位タイの12ゴールマーク。7日に本拠地ノエビアスタジアム神戸で行われる最終節ジュビロ磐田戦後には引退セレモニーが予定されている。21日には天皇杯準決勝の清水エスパルス戦を控え、勝てば1月1日新国立競技場で開催される決勝がキャリアラストマッチとなる予定だ。

 キャリアの集大成に向けて気合い十分のビジャが3日の38歳の誕生日を迎え、家族や痴人とともに食事会を行ったようだ。4日に自身のインスタグラムを更新すると、「家族との最高の誕生日!!!」と記し、カラフルにデコレーションされた誕生日ケーキを前にビジャがほほ笑んでいる“誕生日ショット”を投稿している。

 この写真に多くの現役選手やファンが反応。神戸の同僚であり、レバノン代表DFジョアン・ウマリは炎とハートマーク絵文字を連続で添えて誕生日を祝福した。また、かつてバルセロナで共闘した元アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノ(河北華夏幸福)も「誕生日おめでとう」とメッセージを送っている。(Football ZONE web編集部)

ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャ【写真:Noriko NAGANO】


(出典 news.nicovideo.jp)