no title


バロンドールを4年ぶり最多6度目の受賞、メッシSNSで歓喜の“機内4ショット”公開

 バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間2日、フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」が選出する2019年の最優秀選手賞「バロンドール」を受賞した。4年ぶり史上最多6度目の受賞を飾った名手は自身のインスタグラムを更新して感謝の言葉を述べるとともに、美人妻や子供たちとの“機内4ショット”を公開して大きな反響を呼んでいる。

 昨年は、ロシアワールドカップ(W杯)でクロアチアの準優勝に貢献し、レアル・マドリードUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を支えたMFルカ・モドリッチが初受賞。そして2019年度は、リバプールオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを抑え、メッシが再び受賞する形となった。

 メッシは3日に自身のインスタグラムを更新。授賞式が行われたパリの機内で撮影したと見られる1枚の写真をアップしている。ドレス姿の妻アントネラ・ロクソさんに加え、両親の膝上に乗った2人の愛息が写っており、正装で笑顔のメッシは次のように綴った。

「私に投票してくれたジャーナリストに感謝します。バルセロナアルゼンチン代表、両方の同僚の助けがなければ受賞することはできなかったですし、これは全員のものです。そして、もちろん毎日支えてくれる家族のものでもあります」

 同僚への感謝とともに、家族への思いを率直に記したメッシ。そんな投稿に多くのファンが「おめでとう」「レジェンド」「美しい家族」「謙虚だ」「神」「史上最高」などのメッセージを送り、世界中から届いた「いいね!」は950万を超えている(4日11時時点)。

 32歳となったメッシだが、今季もリーグ戦で9試合9ゴール、CLで5試合2ゴールマークするなど存在感を放つ。円熟味を増しているレフティーは、まだまだファンを魅了してくれそうだ。(Football ZONE web編集部)

バルセロナFWメッシと妻のアントネラ・ロクソさん【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)