no title

 フランスサッカー専門誌『フランスフットボール』は12月2日2019年バロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶりの6度目の受賞を果たした。

 メッシに次ぐ2位となったのはリヴァプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク。昨シーズンリヴァプールチャンピオンズリーグ優勝の原動力となり、オランダ代表としてもネーションズリーグ準優勝に貢献した。

 3位はユヴェントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。2017年に同賞に輝いたC・ロナウドは、これまでに5度のバロンドールを受賞。9年連続トップ3入りを果たしている。

 以下、最終候補者30選手の順位。(カッコ内は現在の所属クラブ

第1位 リオネル・メッシバルセロナアルゼンチン代表)
第2位 フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプールオランダ代表)
第3位 クリスティアーノ・ロナウドユヴェントスポルトガル代表)
第4位 サディオ・マネ(リヴァプールセネガル代表)
第5位 モハメド・サラーリヴァプールエジプト代表)
第6位 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマンフランス代表)
第7位 アリソンリヴァプールブラジル代表)
第8位 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルンポーランド代表)
第9位 ベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・Cポルトガル代表)
第10位 リヤド・マフレズマンチェスター・Cアルジェリア代表)
第11位 フレンキー・デ・ヨング(バルセロナオランダ代表)
第12位 ラヒーム・スターリングマンチェスター・Cイングランド代表)
第13位 エデン・アザールレアル・マドリードベルギー代表)
第14位 ケヴィン・デ・ブライネマンチェスター・Cベルギー代表)
第15位 マタイス・デ・リフト(ユヴェントスオランダ代表)
第16位 セルヒオ・アグエロマンチェスター・Cアルゼンチン代表)
第17位 ロベルトフィルミーノ(リヴァプールブラジル代表)
第18位 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナフランス代表)
第19位 トレントアレクサンダー・アーノルドリヴァプールイングランド代表)
第20位 ドゥシャン・タディッチ(アヤックスセルビア代表)
第20位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナルガボン代表)
第22位 ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)
第23位 ウーゴ・ロリストッテナムフランス代表)
第24位 マルクアンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナドイツ代表)
第24位 カリドゥ・クリバリ(ナポリセネガル代表)
第26位 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプールオランダ代表)
第26位 カリム・ベンゼマレアル・マドリード/元フランス代表)
第28位 ドニーファン・デ・ベーク(アヤックスオランダ代表)
第28位 マルキーニョス(パリ・サンジェルマンブラジル代表)
第28位 ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリードポルトガル代表)

バロンドールの最終順位上位3選手 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)