(出典 pbs.twimg.com)



ユベントススポーツディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティッチ氏がバルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)に言及した。

シーズン、出場機会が激減しているラキティッチ。ここまで出場した公式戦13試合のうち、トータルで3回の先発機会にとどっており、アトレティコ・マドリーや、ミランインテルユベントスといったビッグクラブの関心が取り沙汰されている。

だが、ユベントスのパラティッチSDはこのたび、ラキティッチに対する興味を否定。先日にメディアを通して「ボールを奪われた。悲しい」とバルセロナでの現状を嘆いたラキティッチの獲得有無に関して、『ESPN』でこう応えたという。

「我々にはすでに素晴らしいチームがあり、補強を模索したりしていない」

「我々のあらゆるポジションで強力だ。ラキティッチは素晴らしい選手だが、興味はないね」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)