(出典 www.football-zone.net)



1-2で惜敗のレバンテ戦、後半ATの久保の一撃はヴェソの手に…

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第14節の敵地レバンテ戦に3試合連続で先発フル出場。チームは1-2で敗れたものの後半10分に一時同点となるゴールを演出した。それと同時に話題となっているのが、後半アディショナルタイムに放った強烈なシュートが“ハンド”で防がれたのでは、という点だ。

 試合は後半7分、レバンテFWロジェール・マルティにヘディンシュートを許し、マジョルカが1点を追う形となった。その状況で仕事をしたのが久保だ。右サイドハーフに回ると、同20分に相手のクリアボールをDFジョアン・サストレが奪い、久保がキープ。相手2人を引きつけると、フリーで駆け上がったサストレにパスを出し、そこからのラストパスをMFダニ・ロドリゲスが決めて同点に追いついた。

 しかし同28分、レバンテのMFルベン・ロチーナに豪快なロングシュートを叩き込まれ、マジョルカは再び1点を追う展開に。それでも久保は相手に退場者が出たこともあり、攻撃に奮闘。同アディショナルタイムにはペナルティーエリア手前から強烈なシュートを放ち、ラストプレーでは久保のパスから味方が決定機を迎えたが、シュートクロスバーに嫌われてタイムアップの笛を聞いた。

 ここで着目されているのは、久保がシュートを放ったシーンだ。相手GKアイトールフェルナンデスビッグセーブで防がれた直前、カバーに入ったDFルベン・ヴェソの手に当たったように見えた。久保自身も主審に「ハンドでは?」とアピールするシーンがあったものの、PK判定は下されなかった。

 これについてスペイン紙「マルカ」によると、ビセンテ・モレノ監督は試合後の会見で「タケのシュートハンドには、ペナルティーがあったように見えた。VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)はサッカーに正義を与える。特定の動きには基準がある」と話し、久保のプレーについて言及した。

「私は相手にとっての有益なものを奪うのは好きではない」

「言うことは多くないよ。我々はそれについて話し合ったけどね。多くのペナルティーが我々に対して微笑んでくれたような気がするが、私は相手にとっての有益なものを奪うのは好きではないからね」

 判定には口出ししないとしつつも、ハンドだったのではという疑念を“匂わせる”ニュアンスで表現している。久保自身は初ゴールを挙げた前節ビジャレアル戦(3-1)に次ぐ活躍ぶりを見せただけに、指揮官としてはVARなどでチェックがなかったことに少々落胆した模様だ。(Football ZONE web編集部)

後半アディショナルタイムに強烈なシュートを放ったマジョルカMF久保【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)