(出典 the-ans.info)



 パリ・サンジェルマンを率いるトーマス・トゥヘル監督が、同クラブ所属のブラジル代表FWネイマールに苦言を呈した。21日に、アメリカメディアユーロスポーツ』が報じている。

 ネイマールは、男子テニスの国別対抗戦である『デビスカップ』を観戦するためにスペインのマドリードを訪れた。バルセロナ時代の同僚ジェラール・ピケが設立した投資会社『コスモス』が同大会に絡んでいることもあり、ネイマールスペインに渡ったと見られている。

 だが、現在ケガからの回復段階にあるにもかかわらずネイマールスペインに渡航したことを受け、トゥヘル監督は不快感を露わにした。

「私に何ができるんだ? 私は彼の父親ではないし、警察でもない。私は監督なんだよ。チームを預かる身として、彼の旅行に満足していると思うかい? 全くもって理解できないね」

「今度は彼を叱るかって? いや、叱りはしないだろう。彼はこの2週間、プロフェッショナルな振る舞いをしていたと思う。グループでのトレーニングもこなしたし、個別のトレーニングも継続して行っていた。全てが上手くいけば、22日のリール戦に出場できるだろう。スタメンで出場させるのか、それとも途中投入でピッチに立たせるのか、これから決める必要がある」

 ネイマールの自由奔放な振る舞いに、さすがの指揮官も我慢の限界にきているのだろうか。

ネイマール(左)への不満を口にしたトゥヘル監督(右) [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)