(出典 the-ans.info)



スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が移籍先に高い要求を突きつけている模様だ。イタリア『La Repubblica』が報じている。

今年末にロサンゼルスギャラクシーとの契約が失効するイブラヒモビッチ。先日、自身のSNSを通して、ロサンゼルスギャラクシーからの退団を表明した。

そのイブラヒモビッチを巡っては様々な憶測が飛び交い、古巣ミランやボローニャ、ナポリらの関心が囁かれるイタリアもその候補に挙がっている。

しかしながらイブラヒモビッチはそうしたクラブに対して、月給100万ユーロ(約1億2000万円)の半年契約を求めているという。

イタリアのほかにも、古巣マンチェスター・ユナイテッドも行き先の候補に浮上しているイブラヒモビッチ。新天地として、どこを選ぶのだろうか。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)