no title


 インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督について語った。イギリス紙『デイリーメール』が16日に伝えている。

 現在26歳のルカク2017年マンチェスター・Uへ加入。しかし、昨シーズン終盤はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの後塵を拝しており、今夏の移籍市場でインテルへ加入した。

 イタリアに新天地を求めたルカクだが、マンチェスター・Uを率いるスールシャール監督とは良い関係を維持していると明かした。

「スールシャールへの敬意は永遠だ。僕が3月に移籍の意向を伝えた時、彼は理解してくれた。僕は18歳の頃からプレミアリーグで出場していて、今は26歳だ。スールシャールは僕に残ってほしいと願っていたけど、何か新しいことをしたかったんだ」

マンチェスター・U在籍時のルカク(左)とスールシャール監督(右) [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)