(出典 www.soccer-king.jp)



 マンチェスター・Cバイエルンフランス代表FWキングスレイ・コマンの獲得に関心を示している模様だ。イギリスメディアスカイスポーツ』が16日に伝えている。

 マンチェスター・Cに所属するドイツ代表FWレロイ・サネは、8月に行われたコミュニティー・シールドリヴァプール戦で右ひざを負傷。現在もチームに復帰できておらず、来年2月頃の復帰が予想されている。同選手はこれまでバイエルン移籍が噂されており、バイエルンを辞任したニコ・コヴァチ元監督がサネ獲得を熱望していたとされたが、夏の移籍市場では実現に至らなかった。

スカイスポーツ』によると、マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はサネの退団に控えて、代わりとなる選手をリストアップしている模様。グアルディオラ監督は、「理想的な代わりの選手」としてコマン獲得に関心を示しているという。

 現在23歳のコマンは、2012~2013シーズンパリ・サンジェルマンでプロデビューを果たすと、2014~2015シーズンユヴェントスへ移籍。現在はバイエルンプレーをしており、これまでクラブ公式戦通算139試合に出場して28得点を挙げている。

マンC指揮官が獲得に関心を示すFWコマン [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)