(出典 amd.c.yimg.jp)



パリ・サンジェルマン(PSG)が、リバプールイングランド人MFアダム・ララナ(31)に関心を寄せているようだ。イギリスミラー』が伝えている。

ミラー』によると、PSGは退団が噂されているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの後釜としてララナに注目しているようだ。

2014年サウサンプトンから加入したララナは、順調にリバプールでキャリアを積んでいたものの、ハムストリングのケガに苦しんだ2017-18シーズン以降、出場機会は激減。今季もここまで公式戦7試合のみの出場となっている。

そのため、リバプールが今季限りとなっている契約を更新する可能性は考えにくく、PSGはそこに目をつけて来夏の獲得を狙っているのだという。

同選手は現在年俸700万ポンド(約9億8000万円)受け取っているようで、ララナ退団で浮いたその分を、ボーンマスのスコットランド代表MFライアンフレイザー獲得の資金に充てるのではないかと『ミラー』は主張している。

なお、ララナには中国やMLS(メジャーリーグサッカー)のクラブも関心を寄せているようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)