Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2022年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     アトレティコ・マドリードへのレンタル移籍が発表されたスペイン代表DFセルヒオ・レギロンが、クラブ公式チャンネルで新天地での意気込みを語った。

     現在25歳のレギロンはレアル・マドリードの下部組織出身。セビージャで主力として活躍した後、2020年夏に完全移籍でトッテナムへと加入した。同クラブでは左サイドバックを主戦場として、公式戦通算67試合の出場で2ゴールマーク。昨年11月からチームを率いるアントニオ・コンテ監督の下でも左ウイングバックとして信頼を得ていたが、今季は構想外となり、開幕4試合連続でベンチメンバーから外れていた。

     このような状況の中で、新天地はアトレティコ・マドリードに決定した。1年間のレンタル移籍で、契約に買い取りオプションは付随していないという。アトレティコ・マドリードは29日、ブラジル代表DFレナン・ロディがノッティンガム・フォレストへとレンタル移籍することを発表。同選手の退団を受けて、ラ・リーガでの経験もある左サイドスペシャリストを獲得することとなった。

     アトレティコ・マドリードへの加入に際し、レギロンは「僕にとって本当に幸せな瞬間だ。新しいチームメイトに会うこと、そして新たなシーズンに臨むのが本当に楽しみだよ」とコメント。新天地の印象も口にしている。

    アトレティコ・マドリードというクラブはすべてをかけて戦う集団だと思っている。そのための準備を怠らない。クラブには素晴らしい選手たちが在籍しており、その多くが代表チームの常連だ。このような選手たちと切磋琢磨すれば、素晴らしいシーズンを過ごせるはずだ」

     また、レギロンは自身の強みについて「チームエネルギーを与えられること」と話しただけでなく、「僕は非常に負けず嫌いなんだ」と続け、熾烈な定位置争いを歓迎する姿勢を示した。さらに、「これまでの自分の経験をチームに還元したい。監督が望むようなプレーができればいいね」と意気込みを語っている。

     アトレティコ・マドリードは次節のラ・リーガで、日本代表MF久保建英が所属しているレアルソシエダと対戦する。9月3日に敵地で開催される一戦が、レギロンにとっての“デビュー戦”になるかもしれない。

    トッテナムからアトレティコ・マドリードへレンタル移籍したレギロン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】3季ぶりにラ・リーガへ、アトレティコ加入決定のレギロン「これまでの経験を…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    リーガ開幕3連勝を飾った王者レアル・マドリー

    先日のエスパニョール戦ではカリム・ベンゼマレアルで初めてフリーキックを決めたことが話題になった(相手GKは急遽代役になったDFだったが)。

    そうしたなか、レアルフリーキック練習も話題になっている。その様子がこちら。

    壁役の人形たちがシュートに反応して跳ぶ!しかも、それぞれの個体が異なる高さに設定できるようになっている。

    【関連】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

    海外のファンたちは、壁人形の腹筋がバキバキに割れていることにも注目しており、無駄にセクシーだと反応している。

    レアルの「フリーキック練習の壁」がすごい!無駄にセクシーだった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】レアルの「フリーキック練習の壁」がすごい!無駄にセクシーだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    昨季のUEFAチャンピオンズリーグで驚異的な戦いを見せて優勝を果たしたレアル・マドリー

    さらにリーガとスーペル・コパでも優勝を達成しており、選手たちは大きなボーナスゲットしたようだ。

    『Marca』によれば、レアルの選手たちは3つのタイトルを獲得したことで90万ユーロ(1.2億円)のボーナスを支給されたという。ただし、税抜すると45万ユーロ(6256万円)ほどになるようだ。

    【関連】バルセロナで「最も給与が高い5選手、低い5選手」

    新型コロナウイルスパンデミック後、レアルは選手たちの給与をカットしたほか、優勝ボーナスキャンセルしたが、そのボーナス支給がついに復活した形。

    これまでなら100万ユーロ(1.4億円)以上だったはずだというが、それでもコロナ以前のレベルに戻ってきたとのこと。これは昨季に黒字を計上したレアルの好調な財政状況によるものだとも。

    レアル、全選手に1億円以上のボーナス支給!CLとリーガ優勝で


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】レアル、全選手に1億円以上のボーナス支給!CLとリーガ優勝で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    リーガレアル・マドリーとともに開幕3連勝を飾ったベティス。

    ただ、リーグが定めるサラリーキャップによる制限で、GKクラウディオブラーボとFWウィリアン・ジョゼをいまだに登録できていない。

    そうしたなか、41歳になるキャプテンのホアキンは自らの引退をクラブに提案したという。

    『Canal Sur』によれば、ホアキンは登録問題を解決するために現役引退と給与放棄をベティスにもちかけたそう。この夏に契約を1年延長して現役続行を決めたホアキンだが、怪我もあり開幕3試合はプレーしていない。

    【動画】ホアキン、乾貴士との大爆笑シーン

    ただ、ホアキンの「利他的かつ驚くべき提案」をチームメイトと首脳陣は受け入れることはなく固辞したとのこと。

    ベティスは別の解決策を模索しており、いくつかのオファーを受けているFWロレン・モロンを売却する可能性がある。

    41歳ホアキン、ベティスを救うために現役引退と給与放棄を進言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】41歳ホアキン、ベティスを救うために現役引退と給与放棄を進言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    レアル・マドリーからレアルソシエダに移籍した久保建英。ここまでの3試合には全て先発出場している。

    『Marca』によれば、久保やダビド・シルバ、アシエル・イジャラメンディ、アンデル・バレネチェアの4人はこの日の練習を欠席したという。

    ソシエダは9月4日アトレティコ・マドリー戦を控えており、イマノル監督はその試合に向けた最初のトレーニングで4人を休ませたそう。

    ただ、その理由はアトレティコ戦にフィットするために身体的負担をマネージメントするためで、4人はアトレティコ戦には出場する見込み。

    【関連】久保建英にも期待!「レアル・マドリーを退団してブレイクした8名」

    久保は先日のエルチェ戦で打撲、シルバも軽い違和感があったほか、途中出場したイジャラメンディとバレネチェアは長期離脱から戻ってきたばかり。フィジカル的な負荷を軽減するためのお休みだったようだ。

    久保建英やダビド・シルバ、ソシエダの練習欠席 その理由は


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ラ・リーガ】久保建英やダビド・シルバ、ソシエダの練習欠席 その理由は】の続きを読む

    このページのトップヘ