Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2020年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 伝説の田中c ★ :2020/02/28(金) 22:10:00 ID:+uuKNzs49.net

     25日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でバルセロナ(スペイン)をホームに迎えるナポリ(イタリア)のジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、前日会見に出席し、FWリオネル・メッシについて言及した。『ラプトリー』が伝えている。

     メッシはリーガ・エスパニョーラ4試合連続ノーゴールだったものの、直近の第25節エイバル戦で4ゴールと爆発。無得点の期間もアシストを重ねるなど、20試合18得点12アシストと変わらず攻撃をリードしている。当然、ナポリにとって最も警戒すべき選手となるだろう。「これまでの人生の中で最も偉大な人物」とメッシを評するガットゥーゾ監督は、以下のように印象を語った。

    「彼は世界中のサッカーをしている子供たちの見本だ。場違いなことは一言も言ったことがないし、いつも完璧だった。これはスポーツにおいて、とても重要なことだと思う。唯一の例外は、ここ数年でヒゲを生やし始めたことだね」

    「彼は本当にすごいよ。プレイステーションでしか見られないようなことをする。私の息子はプレイステーションを持っているけど、私も休憩を取るときは息子と遊ぶんだ。そこでメッシは想像もできないプレーをする。彼は素晴らしい資質を持つ選手で、ここ数年で最高の選手だ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-43478543-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】ガットゥーゾ「メッシはいつも完璧。唯一の例外は…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 my-ynwa.red)



     リヴァプールユルゲン・クロップ監督が、ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーについて語った。28日付けでイギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

     今シーズン、ここまで公式戦で33試合に出場し27得点を挙げているヴェルナーは、ヨーロッパビッグクラブから注目されている。中でも、特にリヴァプールが移籍先の最有力候補として報じられており、先日は同選手本人も「彼らからの興味を誇りに思っている」などとコメントを残していた。取材に応じたクロップ監督は、この件に関して以下のように語っている。

    「私が選手たちが我々リヴァプールについて話すとき、前向きな発言をしてくれることを好むよ。よりポジティブな思いを持ってプレーして欲しいと思っているからね」

    「そういった観点から言うと(ヴェルナーの発言は)素晴らしいものだと言えるだろうね。でも、この問題に関してはそれだけだ。今の時点で、これ以上私が言えることはないよ」

     現在プレミアリーグの首位を走るリヴァプールは、果たして今後ヴェルナーをチームに迎えることになるのだろうか。

    リヴァプールのクロップ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】クロップ監督、相思相愛とも見られるヴェルナーに言及「選手が我々について話すときは…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    マンチェスター・ユナイテッドが、今夏にスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(29)を売却する可能性があるようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。

    2011年にユナイテッドに加わって以降、最後尾からチームを支えてきたデ・ヘア。昨年9月にはレアル・マドリーユベントスへの移籍の憶測が飛び交っていたものの、2023年までの契約延長にサインした。

    そして迎えた今シーズン、ここまでの公式戦30試合でゴールマウスを守っているもの、以前までは考えられなかったミスも。しかし、依然として世界でもトップクラスのGKとして高く評価されている。

    今回伝えられるところによれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、今夏の移籍市場でチームを再建するべく、有望選手を複数獲得したいと考えている模様。そこで多額の支出が見込まれているため、デ・ヘアを現金化することを考慮しているという。

    また、ユナイテッドレンタル先のシェフィールド・ユナイテッドで才能を開花させ、リーグ2番目に少ない失点数(第27節終了時)に貢献しているイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(22)をレンタルバックさせることができるため、デ・ヘアを放出することは問題ないとの見方もある。

    デ・ヘアにはレアル・マドリーユベントスが継続して関心を示している他、パリ・サンジェルマンも獲得に動く可能性があるとされており、決断をするには良いタイミングなのかもしれない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユナイテッド、今夏に守護神売却を検討か…ユーベらが関心】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     29日に行われるプレミアリーグ第28節で、FW南野拓実が所属するリヴァプールワトフォードと対戦する。リヴァプールは前節のウェストハム戦(3-2)に勝利し、2017-18シーズンマンチェスター・Cが打ち立てたリーグ記録の18連勝に並んだ。ワトフォード戦に勝利すれば、新記録達成となる。

     では、欧州5大リーグプレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAリーグ・アンブンデスリーガ)の最長連勝記録を保持するのはどのクラブなのか。今回は移籍情報サイトtransfermarkt』のデータをもとに調査。連勝記録トップ10を紹介する。

    ▼9位タイ 14連勝

    アーセナル2002年2月~8月)

     就任6年目を迎えたアーセン・ヴェンゲル監督の下、2001-02シーズンの第26節から最終節まで13連勝を達成。2位リヴァプールに7ポイント差をつけて、4年ぶりのプレミア制覇を果たした。迎えた翌シーズンは開幕戦こそ勝利したものの、第2節でウェストハムに2-2の引き分け。連勝は「14」でストップした。

    パリ・サンジェルマン2018年8月~11月

     昨シーズン、欧州5大リーグ史上最長となる開幕14連勝をマーク1960-61シーズントッテナムが達成した11連勝の記録を58年ぶりに塗り替えた。なお14試合のうち11試合で3ゴール以上をマーク。連勝期間中の平均得点は「3.3」という圧倒的な攻撃力を見せつけた。

    ボルドー(2009年3月~8月)

     2008-09シーズンの第28節から最終節まで11連勝を達成し、クラブ史上6度目のリーグ優勝を達成。翌シーズンも開幕から3連勝し、記録を「14」まで伸ばした。当時のチームでは、元フランス代表MFヨアン・グルキュフや元モロッコ代表FWマルアーヌ・シャマフ氏らが主軸として活躍した。

    ▼8位 15連勝

    ユヴェントス2015年10月2016年2月)

     2015-16シーズンの第11節から第25節にかけて15連勝を記録した。この間、複数失点を許したのは第17節カルピ戦(3-2)の1試合のみ。シーズン通しても失点数はわずか「20」と、堅守を武器にセリエA5連覇を成し遂げた。

    ▼5位タイ 16連勝

    バルセロナ2010年10月2011年2月)

     2010-11シーズンの第7節を皮切りに16連勝を記録。第13節に行われたレアル・マドリード戦では5-0の大勝を飾り、“マニータ”を達成した。同シーズンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、リーガ・エスパニョーラ3連覇と欧州制覇を成し遂げ、「史上最強チーム」と謳われた。

    レアル・マドリード2016年3月~9月)

     レアル・マドリードも、バルセロナと同じ16連勝の記録を持つ。ジネディーヌ・ジダン監督が指揮をとった2015-16シーズンの第27節から連勝がスタートシーズンをまたいで勝ち続けたが、翌シーズンの第5節ビジャレアル戦で1-1の引き分けに終わり、ライバルが樹立したリーグ記録を更新することはできなかった。

    モナコ2017年2月~8月)

     2016-17シーズンの第27節から最終節まで12連勝を達成。キリアン・エンバペやラダメル・ファルカオチームをけん引し、17年ぶりのリーグ優勝を果たした。翌シーズンも第5節ニース戦(0-4)に敗れるまで4連勝。リーグ・アン史上最長となる16連勝を成し遂げた。

    ▼4位 17連勝

    インテル2006年10月2007年2月)

     ロベルト・マンチーニ氏が監督を務めていた2006-07シーズンセリエA史上最長となる17連勝を達成した。同シーズンインテルが敗れたのは、第22節ローマ戦(1-3)の1試合のみ。リーグ歴代2位タイのシーズン30勝を挙げ、優勝を飾った。

    ▼2位タイ 18連勝

    マンチェスター・C2017年8月~12月

     2017-18シーズンの第3節から第20節にかけて18連勝をマーク2002年アーセナルが樹立した14連勝のリーグ記録を振り替えた。圧倒的な強さを誇った彼らは、32勝4分け2敗の成績でプレミアを制覇。勝ち点「100」はイングランドトップリーグ史上最多の数字となった。

    リヴァプール2019年10月~)

     リヴァプールの連勝記録は、今季の第10節トッテナム戦(2-1)からスタート。第27節ウェストハム戦(3-2)で逆転勝利を収めて、マンチェスター・Cが持っていたプレミア記録に並んだ。連勝期間中はクリーンシートが10回、1試合平均の失点は「0.56」と、自慢の堅守を武器に勝利を積み重ねている。

    ▼1位 19連勝

    バイエルン2013年10月2014年3月)

     欧州5大リーグ最長の連勝記録を誇るのはバイエルンだった。グアルディオラ監督就任1年目の2013-14シーズンに、第9節から第27節まで19連勝を達成。シーズン34試合制のブンデスリーガにおいて、半分以上も勝ち続けた。リヴァプールはこの記録を上回って、新たな金字塔を打ち立てることができるのか。ファンならずとも要注目だ。

    (記事/Footmedia

    連勝街道の立役者たち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リヴァプールのプレミア18連勝ってどれくらいすごいこと? 欧州5大リーグの連勝記録を調べてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     25日に行われたチャンピオンズリーグチェルシー戦で負傷したバイエルンポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの代役は誰になるのか。ドイツメディア『tz』が29日に報じている。

     レヴァンドフスキはおよそ4週間の離脱となるが、その代役候補にはドイツ代表FWトーマス・ミュラーと同国代表のセルジュ・ニャブリの2人が筆頭に挙がる。ここまでリーグ戦でミュラーは5ゴール、ニャブリは10ゴールマークする活躍を見せているが、純粋なセンターフォワードとしての活躍ではない。

     一方、サポーターが求めているのは若手の台頭。同メディアの「レヴァンドフスキの代役は?」とのアンケートで、圧倒的な支持を得ているのが、オランダ人FWジョシュア・ザークツィーだ。今季トップチームデビューを果たしたザークツィーはデビュー戦から2戦連続でファーストタッチから決勝点を奪う活躍を見せている。その後の出場時間はほとんど与えられていないが、ファンクラブの未来を担う逸材を待っているようだ。

    レヴァンドフスキ(左)の代役にファンが期待するザークツィー(右)[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルン、負傷離脱したエースの代役候補は誰に…サポーターは“超新星”の台頭を期待】の続きを読む

    このページのトップヘ