Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2019年10月



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    ナビ・ケイタ 写真提供: Gettyimages

     リバプールギニア代表MFナビ・ケイタが、今シーズンの自身のパフォーマンスについて自己評価をしている。30日、リバプールの公式ホームページが伝えた。

     ケイタは、21日のプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドとの対戦で怪我から復帰し勝ち点1の獲得に貢献。また、勝ち点3獲得に貢献した24日のチャンピオンズリーグ(CL)ヘンクとの対戦では、今シーズン初めてのフル出場を果たしダイナミックパフォーマンスが評価された。同選手はこれらには満足しているものの、まだピークには達しておらず、さらに多くのことを成し遂げることができると明かした。

    ナビ・ケイタ

    「もちろん、現状のパフォーマンスには満足している。でももっと上手くやりたい。今はどんな怪我をも避けることが重要だし、そうすれば出場時間も増えるだろう。最近の怪我はもう癒えたと感じているので、多くの試合に出たい。チームに貢献していける

    (ヘンク戦のパフォーマンスリバプールで38出場中最高だったとの声があるが)

    そうは思わない。最高ではなかった。もっと上手くやりたい。あれは勝ちに行った試合だったし、みんなを喜ばせるプレーはできたかもしれない。今後の試合でもあれよりもっと上手くやっていくよ」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ナビ・ケイタ「ピークはこれから。まだまだやれる!」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    ★欠場続くカンテ、代表ウィーク前に復帰か

    チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ11月の代表ウィーク前に戻ってくるかもしれない。イギリスメトロ』が報じている。

    カンテはプレシーズン中のケガから復帰後、ここまで公式戦6試合に出場して2ゴールを記録。だが、今月の代表ウィーク中に招集を受けたフランス代表で、そけい部を痛めてしまい、再び欠場が続いている。

    そうしたなかで、公式戦7連勝を飾るなどチームの状態を上向かせるフランク・ランパード監督だが、30日にホームで行われたEFLカップ(カラバオカップ)4回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦で黒星を喫した。

    そのランパード監督がユナイテッド戦後、復帰が待たれるカンテに関して、「2、3日以内にトレーニングに復帰できれば」と述べ、代表ウィーク前の復帰可否についても「イエス。それを願うよ」とコメント。さらに、こう続けたという。

    「彼はトッププレーヤーだ。今夜、ジョルジーニョと(マテオ・)コバチッチを休ませたかったが、カンテ、ロス(・バークリー)、ルベン(・ロフタス=チーク)を使えなかったから、変更ができず、それをさせてあげられなかった」

    今週末のプレミアリーグで仕切り直しが求められるチェルシーは、11月2日に行われる第11節でワトフォードホームに乗り込む。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】欠場続くカンテ、代表ウィーク前に復帰か】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    マリオ・マンジュキッチ 写真提供: Gettyimages

     ユベントスが元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの移籍金を530ユーロ(約6億円)程に設定したようだ。30日、イタリアメディアカルチョメルカート』が伝えている。

     1月の移籍市場でユベントスを退団することが有力視されているマンジュキッチ。今回の報道によると、ユベントス530ユーロ以上のオファーがあればマンジュキッチを売却するようだ。

     マンジュキッチの獲得にはマンチェスター・ユナイテッドセビージャなどからの関心が噂されているが、同メディアによると、この移籍金なら中国からのオファーも届くと予想している。

     また、ユナイテッドは同選手の獲得する準備が整っているとのこと。セビージャは買取義務付きのレンタル移籍での獲得を目指しているようだが、給料をなるべく抑えたいと考えているようだ。

     果たして、マンジュキッチはどのクラブへ移籍することになるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーベ、マンジュキッチ移籍金6億に設定か?】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    レアル・マドリーU-23ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスが先発確保に奮闘している。スペインマルカ』が伝えた。

    今夏、サントスから加入したロドリゴ。9月25日に行われたラ・リーガ第6節のオサスナ戦で初出場し、ファーストプレーネットを揺らす戦列なデビューを果たした。さらに10月22日チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第3節のガラタサライ戦はCLデビューにして移籍後初先発という記憶に残る一戦に。

    直近のレガネス戦でも先発出場したロドリゴは、貴重な先制点を決めて5-0での大勝に貢献。これで2試合連続の先発出場となった新星は同試合後、移籍後の状況について語りつつ、スタメン定着に意欲を覗かせた。

    「僕はすべてのことに満足しているよ。物事が非常に速く進んでいるんだ。もっとできると思っていたけど、とても幸せだね」

    「(ポジションについて)左右どちらでもプレーできるよ。どちらが好きとかはないんだ。今日は右からスタートして(FWエデン・)アザールと入れ替わったね。どちらにしても僕は楽しめるよ」


    スペインサッカー ラ・リーガラ・リーガ2部」
    乾・香川・久保ら日本人選手の試合を見られるのはWOWOWだけ!
    ■詳細・放送スケジュールはこちら>

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「どちらでもプレーできる」ロドリゴ、スタメン定着に意欲的】の続きを読む

    no title


    マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督がイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを称賛した。イギリスBBC』が報じている。

    ラッシュフォードは30日に敵地で行われたEFLカップ4回戦のチェルシー戦に先発。25分に獲得したPKのチャンスから先制ゴールマークすると、1-1の73分にゴールマウスほぼ正面の遠目からドロップボールの直接FKを決めてみせ、チームの勝ち上がりに大きく貢献した。

    シーズンプレミアリーグ開幕戦に続き、国内カップ戦でもチェルシーを下したユナイテッド。スールシャール監督は試合後、元ユナイテッドポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を引き合いに出して、若き背番号「10」の活躍をこう振り返った。

    「非常にクリスティアーノのようだったね。彼は鋼の神経の持ち主だ。PKを問題なく決められる。さらにステップアップして、今日のようなボールを蹴れる。そして、チームを勝利に導く。ファンタスティックだ。彼は働き過ぎだ。いつだって素晴らしいゴールを決めてくれる」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】C・ロナウドを彷彿とさせる直接FK弾…スールシャールが若き背番号「10」を称賛】の続きを読む

    このページのトップヘ