Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2019年08月



    (出典 football-tribe.com)



    残り数日でネイマールの復帰は実現するのか注目されるバルセロナ

    フレンキー・デヨングが加わった中盤にはいくらかの変化が起きている。

    SBから“復帰”したセルジ・ロベルトが先発起用されており、イヴァン・ラキティッチは2連連続ベンチスタートに。

    また、セルヒオ・ブスケツも開幕戦では出番がなかった。ただ、エルネスト・バルベルデ監督は彼に変わらぬ信頼を寄せているそう。

    そのブスケツが練習でさすがのテクニックを見せつけていた(動画4分8秒~)

    アルトゥールのシュートがバーを直撃した直後、ブスケツはジャンプしながらそのボールトラップしたのだが、なんというビタ止め!さらに、すぐさまシュートに持ち込める場所にボールを落としている…。

    さりげなくやったプレーありガチ感はないものの、それでもやっぱり抜群にウマい。

    第2戦は先発から74分までプレーしたブスケツ。オサスナとの第3節ではいかに。

    これがバルサMFブスケツ!さりげない「浮き球を収める術」が異様にウマい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】これがバルサMFブスケツ!さりげない「浮き球を収める術」が異様にウマい】の続きを読む

    no title


    このほど行われたUEFAチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選。

    南野と伊東の対決など興味深いドローとなるなか、死のグループとなってしまったのがF組だ。

    バルセロナドルトムントインテルと同居することになったチェコ王者スラヴィア・プラハ。ドローの瞬間のクラブ関係者の表情が話題になっている。それがこれ。

    思わず笑ってしまっていたのだ。あまりにも厳しくて笑うしかない…という感じだったのだろうか。

    スラヴィア・プラハがCL本戦に出場するのは、2007-08シーズン以来。

    DFヴラディミール・ツォウファルは「僕らは12年も待ったんだ。メッシとの対戦が楽しみだけど、1vs1にならないことを願う。僕らは全力を尽くすよ。笑いものにならないようにね」と述べていたそう。

    また、インドジフ・トルピショフスキ監督も「非常に嬉しい。スラヴィアはCLのチャンスを12年も待った。だから、3つの素晴らしく魅力的なチームと対戦できるのは素晴らしいこと」と語っていたとのこと。

    バルサ、ドルト、インテルとCL同組です…その瞬間、人はこうなる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バルサ、ドルト、インテルとCL同組です…その瞬間、人はこうなる】の続きを読む

    no title

    ネイマールの交渉の一部に用いられる可能性のあるデンベレはバルサ残留を強く決意

     バルセロナフランス代表FWウスマン・デンベレは、今夏の移籍市場を騒がせているパリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールバルセロナ復帰に“鍵”となるかもしれないと伝えられている。だが、当の本人にはバルセロナ退団の意向はまったくないようだ。スペイン紙「AS」が報じている。

     バルセロナネイマールを買い戻すにあたり、問題なのは経済面だ。PSGは十分なオファーが届けば、売却する意思を表明しているものの、2年前に2億2200万ユーロ(約269億円)をかけてネイマールを獲得しているため、安価で放出するつもりはない。そのため、デンベレの名前がネイマールの交渉条件の一部に用いられると報じられている。

     しかし、これは実現が難しそうだ。デンベレは自分が交渉に含まれることを拒否しており、バルサ残留を心に決めているという。PSGトーマス・トゥヘル監督に対してはすでにその意志を明確にしており、そのスタンスに今も変わりはないようだ。

     デンベレの拒否は、バルセロナの“ネイマール買い戻し計画”にとっては大きな壁となる。先日、ドイツ王者バイエルンに期限付き移籍で去ったブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョも、以前に契約の一部になる可能性を報じられていたが、PSG移籍を拒否していたからだ。

     バルセロナに戻りたいネイマール。そして、ネイマールに復帰してもらいたいバルセロナだが、交渉は暗礁に乗り上げていうよう。バルセロナはデンベレをなんとか説得する方法、もしくは、最後の最後での代替プランを見つける必要がありそうだ。(Football ZONE web編集部)

    移籍をバルサFWデンベレ(左)と、PSGのFWネイマール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサの“ネイマール買い戻し計画”に暗雲 仏代表FWデンベレがPSG移籍を断固拒否か】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクターを務めるレオナルド氏がブラジル代表FWネイマール(27)に取り巻くバルセロナ移籍の可能性に言及した。スペインマルカ』が報じた。

    今夏の移籍希望が明らかになっているネイマール。長らく平行線が続くなか、先日にイギリスBBC』や、移籍市場に精通するイタリアジャンルカ・ディ・マルツィオ』が移籍金2億ユーロ(約2334000万円)に加えて、U-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボとクロアチア代表MFイバン・ラキティッチの譲渡、そして、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレの貸し出しを条件にバルセロナPSGの合意を指摘した。

    だが、その事実はないようだ。レオナルドSDは30日に行われたリーグ・アン第4節のメス戦後、ネイマールバルセロナ移籍に向けた交渉の進捗状況について問われると、「交渉は死んでいないが、我々の要求が受け入れられていないから、合意はない。PSGネイマールの立場は常に明確。申し分のないオファーが届けば、彼は退団できるが、今のところ、そういうものはない」と続けたという。

    今夏の移籍市場がクローズするまであと3日。レオナルドSDは「締切は2日の真夜中だ。当初に設けられた締め切り時間以外の時間は設定していない」とも述べ、今夏中の取引成立を濁しているが、ネイマールの古巣復帰は残り少ない時間のうちに実現するのか。注目だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「合意はない」…PSGとバルサのネイマール移籍交渉、いまなお平行線か】の続きを読む

    no title


    レアル・マドリーに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が週明けにも実現するという。スペインマルカ』が報じた。

    PSGはK・ナバスの獲得に際して、レアル・マドリーに移籍金1500万ユーロ(約17億5000万円)を支払い、フランス代表GKアルフォンス・アレオラ(26)を1年間のレンタルで貸し出すとのこと。K・ナバスとは年俸600万ユーロ(約7億円)の3年契約を結ぶという。

    そのK・ナバスのPSG移籍発表時期は、今夏における移籍市場最終日の9月2日になる見通し。K・ナバスとアレオラの登録がそれぞれ今週の試合に間に合わないため、週明けまで発表を先延ばしした模様だ。

    したがって、控えGKの数が乏しいレアル・マドリーは、9月1日に敵地で行われるリーガエスパニューラ第4節のビジャレアル戦に向けた遠征メンバーにK・ナバスを含むものとみられる。

    K・ナバスは2014年夏にレバンテからレアル・マドリーに移籍すると、正守護神としてチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献。在籍6シーズンで公式戦通算162試合の出場数を記録した。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】K・ナバスのPSG移籍、デッドライン・デイに実現へ】の続きを読む

    このページのトップヘ