Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2018年08月



    (出典 www.soccer-king.jp)



    リバプールに所属するセネガル代表MFサディオ・マネが過去マンチェスター・ユナイテッドオファーを断った経緯をめてった。同選手がイギリスPremier League Today show』でった内容を同『リバプールエコー』が伝えた。

    現在リバプールの絶対的として活躍しているマネは2016年サウサンプトンから加入した。だが、当時同選手の獲得に強い関心を示していたのが、ユナテッドだった。

    過去にもユナテッドオファーを断り、リバプール行きを決断した経緯に関してっていたマネだが、今回の『Premier League Today show』でめて移籍の経緯を説明した。

    「(リバプール加入について)当時は全く信じられなかったよ。あの時は幾つかのチームを欲しがっていたんだ。間違ったチームをほしがった。それはマンチェスター・ユナイテッドさ」

    「もちろん、は(当時監督の)ファン・ハールとも話したし、彼らは実際にオファーもしてきた。だけど、にとって彼らは移籍するのに適切なクラブではなかった。タイミング監督クラブを含めて自分にとって適当だとは感じなかったんだ」

    現在、FWモハメド・サラーとFWロベルトフィルミノと共に世界のアタッキングユニットを形成し、今季からリバプールの新10番を背負うまでに成長したことを考えると、当時のマネの判断は適切だった言えるだろう。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マネがユナイテッド行きを固辞した過去を改めて語る! 「間違ったチームからオファーが来た」】の続きを読む



    (出典 footballbuzz.org)



    トッテナムブラジル代表FWルーカス・モウラが同クラブでのタイトル獲得に意気込みを見せている。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    今年1月パリ・サンジェルマン(PSG)からトッテナム全移籍したルーカスだが、昨シーズン得点で終わるなど、プレミアリーグトッテナムの異なるプレースタイルへの順応に苦戦した。

    しかし、今季はプレシーズンからじっくりとトーレニングを行い、コンディションと戦術理解度を高めた26歳のブラジル代表アタッカーは、開幕から3試合連続スタメン出場。第2節のフルアム戦でプレミアリーグゴールを記録すると、直近のマンチェスター・ユナイテッド戦ではチームを3連勝に導く2ゴールを記録し、得点ランキングトップタイの3ゴールを決めている。

    プレミアリーグ史上初となる新戦補強ゼロに終わったスパーズにおいて“新戦”として印的なパフォーマンスを続けるルーカスは今季の戦いに向けて大きな手ごたえを掴んでいるようだ。

    「いまはとても気分がいいんだ。新しい生活、クラブチームメート、そのすべてに満足しているよ。だからできる限り長くここに留まりたいと思っているんだ」

    標はタイトルを獲得しここで歴史を作ることだ。たちには素晴らしいチームプロジェクト、とても素晴らしいファンたちがいるから必ずその標を成し遂げられるはずだ。だから、必ず新たな歴史を作り出せると信じてハードワークをするだけさ」

    また、ルーカスユナテッド戦での活躍が「始まりに過ぎない」とり、更なる飛躍を誓っている。クラブ公式サイトが伝えている。

    「このクラブのためにより多くのものをもたらさないといけないと思っている。スパーズファントロフィーに値すると思っているし、彼らの夢をえるためにベストを尽くすつもりだよ」

    「昨季からプレーする機会はあったけど、今はよりプレーを楽しむ必要があると思っている。同時にプレーするチームメートを助けられることを明していかないといけないね」

    なお、ルーカスの3試合連続ゴールが期待されるトッテナムは、9月2日に行われるプレミアリーグ第4節で3連勝中のワトフォードと好調対決に臨む。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】開幕3試合で3発のルーカス・モウラ、「ここで歴史を作りたい」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)がクラブとの新契約サインする模様だ。イギリスタイムズ』が伝えている。

    ジョゼ・モウリーニョ監督との確執によって退団が不可避と思われてきたマルシャルには、アーセナルチェルシートッテナムといった内のクラブバイエルンへの全移籍の可性が今を通じて伝えられてきた。さらに、ここ最近はセビージャなどへのレンタル移籍の可性も報じられた。

    しかし、『タイムズ』が伝えるところによれば、マルシャルはユナテッドと新たな5年契約サインする予定のようだ。

    シーズンからの起用法や今息子の誕生を巡るプレシーズンキャンプ一時離脱騒動などで関係修復が不可能となっていた中、モウリーニョ監督は今にマルシャルを放出することを要していたという。しかし、マルシャルを評価すると共に同監督の解任も視野に入れていたエド・ウッドワードCEOを中心とするクラブ幹部はこの申し出を固辞していた。

    そして、開幕から1勝2敗でスタートダッシュ失敗したことを受け、今週末のバーンリー戦後にもモウリーニョ監督解任に踏み切る可性が伝えられるユナテッドは、同監督解任後にマルシャルとの新契約交渉をまとめる考えのようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マルシャル、不仲モウ解任で新契約にサインへ!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    代理人がメディカルチェックパスを明言「ウェストハムでもクリスタル・パレスでもない」

     昨季限りでマンチェスター・シティを退団した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレは、ロンドンメディカルチェックをパスし、新地がまもなく発表されることが伝えられている。英デイリー・エクスプレス」が報じた。

     トゥーレは2010年バルセロナからシティに移籍すると、チームの中心選手として3度のプレミア制覇に貢献。今に退団したが、新地をプレミアで模索していた。

     同選手の代理人を務めるディミトリ・セルク氏は以前に「ヤヤはトップ6でのプレー希望しており、週給1ポンドでもプレーする準備が整っている」とっていた。そして、公式ツイッターで去就決定が前となっていることを明言している。

    「ヤヤ・トゥーレはロンドンでのメディカルチェックをパスした。だが、それは100%ウェストハムではない。彼は王者であり、最後の場所としてはふさわしくない。また、クリスタル・パレスでも100%ない。ロイ・ホジソンは自身の選手の誕生日がいつのなのかすら覚えない。そんなところにヤヤを行かせられるかい?」

     同氏はロンドンに拠点を置くウェストハムクリスタル・パレスへの移籍を全否定している。トップ6のロンドン勢はアーセナルチェルシートットナムとなるが、いずれかのクラブ面下で契約に迫っている可性が高いようだ。

     プレミアリーグの移籍市場閉鎖したが、トゥーレはフリーエージェントのため、入団が可となっており、その動向に注が集まる。


    Football ZONE web編集部)

    元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アーセナル? チェルシー? トットナム? Y・トゥーレの新天地はロンドンで決定的】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    日本特有のに驚きを覚えつつ、Jリーグに関しては「とても大胆なサッカー」と言及

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、古巣バルセロナクラブ公式番組「Barca TV」に出演し、Jリーグプレーしての感想と、バルサの今後について自身の見解を述べた。スペインマルカ」が伝えている。

     新地ではチームメイトクラブ関係者の助けもあり、初日から気持ち良くいられているとり始めたイニエスタだったが、「(日本の)気は非常に気温が高くて、湿気が多い。特に最初のまだトレーニングを始めたばかりの時は余計にそう感じた」と、日本特有の高温多湿なには驚きがあったようだ。

     また、Jリーグについてもリーガ・エスパニョーラとの違いを交えながら触れている。

    「長い間プレーしてきて慣れているようなスピーディーなスタイルではないけど、それも含めて新たな経験ができて嬉しい。今はまだスタートしたばかりだが、ここまでは非常に良いと感じている。Jリーグではたとえ下位クラブだとしても、アウェー戦で相手を負かすことができる。とても大胆なサッカーで、にでも勝てる可性がある。0-1で負けてても、攻撃し続けるんだ。々(神戸)はアジアチャンピオンズリーグには一度も出たことがないし、それができたらもの凄いこと。でも、リーグではトップ3でフィニッシュできるチャンスがあると思う」


    古巣バルサメッシにも言及「私がいなくなっても関係ないよ」

     そして、自身が退団した古巣バルセロナの補強に関して「若手とベテランの選手を獲得し、それがチームに厚みと個性を与えてくれるだろう」と言及。新たに将を引き継いだアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにも期待を寄せた。

    「これまでもレオキャプテンだった。私がいなくなっても関係ないよ。強いチームで、重要な選手の補強もできたし、全てのタイトルを狙いに行くだろう」

     戦う場所はスペインから日本に変わったが、イニエスタは常にバルセロナにも気を配っているようだ。


    Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】イニエスタがバルサ公式番組で語ったJリーグの印象 「誰にでも勝てる可能性がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ