Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2018年05月



    (出典 www.arsenal-monkey.com)



    1 動物園φ ★ :2018/04/30(月) 22:39:26.16 ID:CAP_USER9.net

    宮市亮、ザンクト・パウリ2軍で公式戦復帰も13分で負傷交代…またも重傷の可能性
    4/30(月) 21:45配信
    GOAL

    ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、2017-18シーズンを棒に振ることになりそうだ。地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』が伝えた。


    2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ひざ前十字じん帯を断裂し、昨年6月末には右ひざの前十字じん帯を断裂。度重なる重傷に悩まされ続け、3月末にようやくテストマッチで実戦復帰を果たしていた。

    しかし、ここに来て宮市は再び不運に見舞われた。28日にザンクト・パウリの2軍にあたるU-23チームのリーグ戦で、約11カ月ぶりの公式戦復帰を果たすも、わずか13分で負傷交代。ヒザを痛めた様子で、さらなる重傷を負った可能性もあるようだ。

    トップチームを率いるマルクス・カウチンスキ監督は29日、宮市の状態について「月曜日(30日)にMRI検査が行われる。再び十字じん帯をケガしたのかが分かるのはそれからだ」とコメント。クラブは現地時間30日に今回の負傷の程度について発表する予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000026-goal-socc


    【【海外サッカー】宮市亮、11か月ぶりの復帰戦も13分で負傷交代 さらなる重傷の可能性…】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    ストーク戦でブルーノに対して左手を振り上げている映像で疑惑が浮上

     リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、現地時間28日のプレミアリーグ第36節ストーク戦(0-0)での暴力行為によって、3試合の出場停止処分が下される可能性が浮上している。プレミアリーグ得点記録の更新が期待された“エジプトの王”のシーズンが、ひと足早く終了するかもしれないと英紙「ミラー」が報じた。

     今季のサラーはプレミアリーグ38試合制になってからの最多得点記録となる31得点をマーク。あと1得点で新記録樹立と期待が集まるなか、ストーク戦で相手DFブルーノ・マルティンス・インディに暴力行為を働いた疑惑が浮上している。主審は見逃していたが、サラーが密着マークに苛立ったのか左手を大きく振り上げているシーンの映像が残っている。これが意図的にパンチしようとしている行為なのでは、と問題視されているのだ。

     この映像検証により、サラーにはFA(イングランドサッカー協会)から3試合の出場停止処分が下される可能性があると指摘されている。

     処分が決まれば、サラーは今季残りの2試合、チェルシー戦とブライトン戦を欠場することになり、同時に得点記録更新の可能性も消滅する。

     また、記事ではサラー欠場で26得点と得点ランキング2位につけるトットナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、逆転で得点王を獲得するチャンスが出てくると指摘している。トットナムはあと4試合を残している。


    (Football ZONE web編集部)

    3試合の出場停止を下される可能性が浮上したサラー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】リバプールFWサラー、暴力行為で3試合出場停止の可能性浮上 得点記録更新も消滅か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ