Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2018年05月



    (出典 img.mixi.net)



    1 あずささん ★ :2018/05/31(木) 19:01:32.07 ID:CAP_USER9.net

    日本サッカー協会は31日、東京都内のホテルで田嶋幸三会長(60)、関塚隆技術委員長(57)、西野朗監督(63)が出席して記者会見を行い、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表した。

    主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)やDF長友佑都(31=ガラタサライ)、MF本田圭佑(31=パチューカ)、MF香川真司(29=ドルトムント)、FW岡崎慎司(32=レスター)ら前回の14年ブラジル大会経験者が選出された。

    メンバーは以下の通り。

    【GK】川島永嗣(35=メス)、東口順昭(32=G大阪)、中村航輔(23=柏)

    【DF】長友佑都(31=ガラタサライ)、槙野智章(31=浦和)、吉田麻也(29=サウサンプトン)、酒井宏樹(28=マルセイユ)、酒井高徳(27=ハンブルガーSV)、昌子源(25=鹿島)、遠藤航(25=浦和)、植田直通(23=鹿島)

    【MF】長谷部誠(34=フランクフルト)、本田圭佑(31=パチューカ)、乾貴士(29=エイバル)、香川真司(29=ドルトムント)、山口蛍(27=C大阪)、原口元気(27=デュッセルドルフ)、宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)、柴崎岳(26=ヘタフェ)、大島僚太(25=川崎F)、

    【FW】岡崎慎司(32=レスター)、大迫勇也(28=ケルン)、武藤嘉紀(25=マインツ)

    日本は6月2日に直前合宿地のインスブルック入りし、8日にスイス、12日にパラグアイとの親善試合を経て、1次リーグH組に入ったW杯では19日にコロンビア、24日にセネガル、28日にポーランドとすべて格上の相手と対戦。W杯が2カ月後に迫った4月にバヒド・ハリルホジッチ前監督を解任するという”荒療治”を経て、岡田武史監督が率いた10年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を目指す。

    ソース/スポニチアネックス
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/05/31/kiji/20180531s00002014184000c.html

    前スレ(★1の立った時間 2018/05/31(木) 16:11:49.84)
    【サッカー】W杯日本代表メンバー23人発表 本田、香川、岡崎のBIG3順当選出 井手口、浅野、三竿は落選★5
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527754534/

    【サッカー】W杯日本代表メンバー23人発表 本田、香川、岡崎のBIG3順当選出 井手口、浅野、三竿は落選★5(実質★6)
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527754532/


    【【W杯日本代表】メンバー23人発表 本田、香川、岡崎のBIG3順当選出 井手口、浅野、三竿は落選…】の続きを読む



    (出典 www.realmadrid.com)



     UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)は27日、UEFAテクニカル・オブザーバーが選出した2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ「トップ10ゴール」を発表した。『UEFA.com』が伝えている。

     1位に選ばれたのは、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが準々決勝ファーストレグのユヴェントス戦で決めた得点。右サイドからのクロスに高い打点のオーバーヘッドを叩き込んだものだ。また、2位には同じく豪快なオーバーヘッドをCL決勝で決めたギャレス・ベイルのゴールが選出されている。

     UEFAは、準々決勝でのC・ロナウドのゴールは「素晴らしい技術と運動能力を見せつけた」と評価。また、ベイルのゴールについては「決勝での2-1の決定的なゴール。こちらも素晴らしいアクロバティックなフィニッシュ」と評した。

    ■2017-18シーズンのベストゴール・トップ10

    1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/準々決勝ファーストレグ ユヴェントス戦)
    2位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/決勝 リヴァプール戦)
    3位 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/決勝トーナメント1回戦ファーストレグ トッテナム戦)
    4位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/グループステージ第5節 ローマ戦)
    5位 エディン・ジェコ(ローマ/グループステージ第3節 チェルシー戦)
    6位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/グループステージ第2節 ドルトムント戦)
    7位 フレッジ(シャフタール/決勝トーナメント1回戦ファーストレグ ローマ戦)
    8位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/グループステージ第2節 シャフタール戦)
    9位 ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ/グループステージ第5節 シャフタール戦)
    10位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/グループステージ第6節 ドルトムント戦)

    C・ロナウドのオーバーヘッドとギャレス・ベイルのオーバーヘッド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFAが今季CLトップ10ゴールを発表! 1位はC・ロナウドかベイルか?】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    CL決勝での負傷シーンにエジプト国民は怒り心頭

     リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、26日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝(CL)のレアル・マドリード戦(1-3)で、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスと交錯して倒れた際に左肩を負傷した。ラモスのプレーは、意図的にサラーを負傷させたのではとエジプト国民は怒りに震えているが、本人はそうした感情を持っていないようだ。

     アクシデントが起きたのはCL決勝の前半25分、突破を図るサラーとラモスが交錯。ラモスは左腕をサラーの右腕に絡めながら、柔道の“脇固め”のような格好で地面に倒れた。エジプト代表FWは左肩を痛めて悶絶。大舞台で途中交代を余儀なくされた。

     サラーの負傷に関しては全治3〜4週間とも言われており、ロシア・ワールドカップ(W杯)欠場の危機にも直面している。

     エジプトではラモスが故意的にサラーを負傷させたとして、弁護士が賠償金10億ユーロ(約1267億円)を求めて提訴したという。またSNSなどでは一部ファンがラモスへ死の脅迫メッセージを送るなど、騒動の波紋は大きく広がっている。

     しかし、その一方でサラー本人は冷静だという。英紙「デイリー・ミラー」は、リバプールのフィジオ(理学療法士)であるルベン・ポンズ氏のコメントを報じている。


    リバプールのフィジオはW杯欠場の可能性を否定せず

    「サラーはセルヒオ・ラモスのことに関しては何も言ってこなかった。彼が怒っているとは思わない。あのチャレンジはアクシデントだった」

     同氏はこのように語り、サラー自身はラモスに対する怒りや恨みの感情を露わにはしていないとした。「最悪の事態を恐れている。私も大きなショックを受けた」と、負傷によるW杯欠場の可能性があることは否定しなかったが、ラモスを責めることはしていない。

     エジプトのW杯初戦は現地時間6月15日で、強豪ウルグアイと対戦する。母国の躍進の鍵を握る存在であるサラーは、約2週間後に迫った本大会に間に合うのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    関係者によると、サラーはセルヒオ・ラモスを責めていないようだ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】W杯出場危機のサラー、“脇固め”ラモスを責めず 関係者証言「彼は怒っていない」】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



     レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルはかつて所属していたトッテナムに戻ることはないという。28日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

     ベイルは26日に行われたリヴァプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝でオーバーヘッド弾を含む2得点を挙げ、レアル・マドリードのCL3連覇に大きく貢献した。しかし、大一番でスタメンではなかったことや、毎週プレーしたいとの理由で退団を検討していると試合後に語っていた。

     トッテナムは2013年夏にベイルを手放した際に、買い戻しオプションをつけていたが、高額な移籍金や高給なサラリーを払う余裕がないとされている。よって、ベイルが退団した場合の移籍候補として有力なのが、マンチェスターUやマンチェスター・C、バイエルン、パリサンジェルマンなどが噂されている。

    CL決勝で値千金の2ゴールを挙げたベイル [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアル退団示唆のベイル、古巣復帰の選択肢はなしか…マンUなどが狙う!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブ退団を希望しているようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が30日に報じている。

     報道によると、レヴァンドフスキの代理人を務めるピニ・ザハーニ氏がドイツメディア『スポーツビルト』に対し、以下のようにコメントしたという。

    「ロベルトは変化、キャリアのおける新しいチャレンジが必要だと考えている。それはクラブの首脳陣も知るところだ。お金や特定のクラブがその理由ではない。ほとんど全てのトップクラブが、世界最高のFWを獲得したいと思っていることだろう。バイエルン首脳陣の多くは、自らも素晴らしいキャリアを歩んできた経験を持っている。彼の状況についても理解してもらいたいね」

     レヴァンドフスキとバイエルンの現行契約は2021年までとなっているが、同選手は今冬に代理人を変更。ブラジル代表FWネイマールを史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍させた実績を持つザハーニ氏と契約している。

     なお報道によると、レヴァンドフスキに対してはマンチェスター・Uやパリ・サンジェルマン、さらにチェルシーも関心を示しているという。ザハーニ氏の発言により、去就に関する報道はさらに盛んに行われることとなりそうだ。

     ただ、バイエルン側はすでにレヴァンドフスキに対して放出の意思がないことを伝えている。カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「彼と長期契約を結んでいることを嬉しく思っているんだ。特に何かのアクションを考える必要は感じないよ。これからもミュンヘンでプレーしていくことになる」と明言。ウリ・ヘーネス会長も「我々はサッカー界に対して、選手よりもクラブの方が立場が上であるということを示していく」と宣言している。

     果たして、ポーランド代表のエースは来シーズン、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。

    バイエルン退団を希望していると報じられたレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】レヴァンドフスキ、バイエルン退団を希望…代理人が明言「チャレンジが必要」】の続きを読む

    このページのトップヘ