Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2018年05月



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 Egg ★ :2018/05/31(木) 18:40:43.82 ID:CAP_USER9.net

    ガーナ戦の低調なパフォーマンスが拍車をかけて…
     
    ノーサプライズの選考となった。
     
    5月31日に日本代表の西野朗監督はロシア・ワールドカップに臨む最終登録メンバー23名を発表。ガーナ戦の26名から井手口陽介、浅野拓磨、三竿健斗の3名が選外となり、
    結果的に期待されていた中島翔哉、久保裕也、堂安律らヤングタレントの抜擢登用はなかった。一方で本田圭佑、香川真司、岡崎慎司ら経験と実績が確かな面々が多くエントリーを果たし、重用された印象が強い。
     
    目下、日本サッカー協会の公式ツイッターには続々とファンやサポーターの意見が書き込まれている。
    大半は選考に不満を示すもので、前日のガーナ戦での低調なチームパフォーマンスもあいまって、批判が殺到しているのだ。いくつかの投稿を紹介しておこう。

    「昨日の結果見て中島選ばないとかおかしいだろ。勘弁してくれよ」
    「一勝もできないで帰ってくるね。メンバー最悪だよ。見る気あったのに失せたわ」

    「このマンネリ感。全盛期過ぎた選手ばかり。ハリルさんで良かったやん」
    「若手で有望かつ実績と実力がある選手を選ばない日本サッカー界に未来などない!」

    「スポンサーに配慮した“忖度ジャパン”」
    「まぁ、そもそもが周りが代表に期待しすぎ。昨日の試合も力通りの結果。強いという幻想があるから落胆してしまう」

    「え、全くワクワクしない。ガーナ戦、結果出せなかったのに…なんだか期待できません」
    「10代の若い選手は? 将来のためにも」

    「年功序列かい!」
    「サッカー協会とサポーターの溝は深いです」

    「いまの日本代表には感動はない! 初めてW杯が楽しみでない」
    「勢いあるメンバー選んで負けたら納得できるけど! これじゃあ、何も変わらない」

    「結果出してる選手が選ばれないのはどうかと思う」
    「ロシアまでわざわざ卒業旅行ですか?」
    「トゥーロンにもA代表にも選ばれてない堂安は何」

    「30歳超えが8人か。オールドジャパン」
     
    もちろん、好意的な意見も少なくない。「経験、クラブでの活躍、コンディション全部を踏まえて監督がこの23人を自信を持って選んだんだからあとはみんな応援しようよ」や、
    「かならず勝って子供たちに夢を与えてください」「泥臭くてもいいから勝つサッカーを希望!」などなど。それでも圧倒的に多いネガティブな反応に、声はかき消されている。
     
    とはいえ、もう賽は投げられた。西野監督と選ばれし23戦士は、日本サッカーの命運を託されたのだ。最良の結果を求め、全力を尽くしてもらうほかない。

    サッカーダイジェスト 5/31(木) 18:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00041235-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【批判】<日本代表23名の人選にサポーターから批判殺到!>「年功序列かよ!」「期待できない」「中島翔哉は?」】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



     レアル・マドリードは31日、ジネディーヌ・ジダン監督の退任を発表した。

     現在45歳のジダン監督はラファエル・ベニテス氏の後任として、2015-16シーズン途中の2016年1月にレアル・マドリードの指揮官に就任した。同シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で優勝を成し遂げると、翌シーズンと今シーズンもCLを勝ち取り、怒涛のCL3連覇を達成。2016-17シーズンにはレアル・マドリードをリーガ・エスパニョーラ制覇に導くなど、数多くのタイトル獲得に貢献していた。

    退任が発表されたジダン監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】レアル、ジダン監督の電撃退任を発表…CL3連覇など多くのタイトルを獲得】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    頂点に立ったのは、またもレアル・マドリーだった。

     

    現地時間5月26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、レアル・マドリーがリヴァプールを3-1で撃破。13度目の欧州制覇を記録するとともに、前人未到のCL3連覇を達成した。


    この快挙に大きく貢献したのが、やはりジネディーヌ・ジダン監督だろう。

     

    2016年1月、解任されたラファエル・ベニテス氏の後任として、世界的なビッグクラブの監督に就任すると、そこから3年連続でのCL優勝。現役時代同様“覇道”を突き進んでいる。


     

    とはいえ、ジダンがジダンであることに変わりはない。練習でのこんな一コマが先日話題に。

     


    なんと、ジダン監督自らが左足でクロアチア代表MFルカ・モドリッチへ優しいクロスを供給!これをモドリッチが鮮やかなジャンピングボレーで決めてみせたのだ。

     

    監督がこんなに美しいクロスを上げるチームが果たしてあるだろうか……。ジダンの“健在ぶり”に加え、レアル・マドリーの強さがなんとなく実感できるシーンであった。

    これがCL3連覇のレアルだ! 練習でジダン監督がクロス→モドリッチがスーパーボレーキャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】これがCL3連覇のレアルだ! 練習でジダン監督がクロス→モドリッチがスーパーボレー…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/05/31(木) 17:24:37.05 ID:CAP_USER9.net

    日本代表を率いる西野朗監督は31日、ロシア・ワールドカップ行きの23名を発表した。

    ガーナ戦のメンバー26名から外れたのは浅野拓磨、井手口陽介、三竿健斗。浅野、井手口はヴァイッド・ハリルホジッチ前監督体制の主力選手として活躍し、本大会出場を決めたオーストラリア戦ではともにゴールをマークしている。

    一方で、それぞれの所属クラブであったシュトゥットガルト(当時)、クルトゥラル・レオネサでは出場機会に恵まれず、実戦経験を積むことはできなかった。西野監督は「非常に有望な若手の3人ですが」と前置きしつつ、落選した理由についてこう語った。

    「この舞台に立たせてもらったのも彼らの力は大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じていて、求めたかったです。ただ、彼らの現状がそういう環境でなかった。非常にパフォーマンスは上がってきていましがが、現時点でのトップパフォーマンスではなかったと思います」

    23名を選んだポイントについては「対戦国を含めていろんなシチュエーションを考えた」と説明した西野監督。23人の選手たちを信じてロシアへと乗り込む。

    GOAL 2018年5月31日 16時31分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14796207/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【サッカー】<日本代表の西野監督>香川はガーナ戦のパフォーマンス、本田は「影響力」で選出!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527754483/


    【【日本代表】〈西野監督が明かす!〉浅野、井手口、三竿らの落選理由...】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    CL決勝で左肩を負傷し涙の交代、W杯出場が危ぶまれる

     リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦で左肩靭帯を負傷。全治3週間と言われ、6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が危ぶまれている。それでもエジプトサッカー協会は、絶対的エースをロシアへ連れて行く心構えのようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

     サラーは1-3で敗れたレアルとの大一番に先発出場したが、前半25分にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと交錯して倒れ、左肩を負傷。そのままピッチを後にし、涙の途中交代となった。

     エジプトサッカー協会のハニー・アボ・ライダー会長は、地元ラジオ局「DRNラジオ」で「モハメド・サラーは肩の靭帯を痛めて2〜3週間離脱する」と明言している。現地時間14日に開幕するロシアW杯でグループAに入ったエジプトは、ロシアとサウジアラビアによる開幕戦の翌15日に初戦を迎え、強豪ウルグアイと対戦する。

     ライダー会長は「彼がウルグアイ戦に出場するのは難しいが」と前置きしたうえで、「それでも我々は彼がW杯の開幕戦に間に合うようにトライする。リハビリのプログラムを受けるために練習からはしばらく離脱する」と語った。

     サラーは現在、スペインのバレンシアで治療を受けている。ウルグアイ戦の出場は厳しいものの、第2戦のロシア(19日)、第3戦のサウジアラビア(25日)には間に合う可能性があるため、このままメンバーとしてロシアへ行くことが濃厚のようだ。


    (Football ZONE web編集部)

    負傷中のサラーは、W杯初戦の出場は微妙も、ロシアに帯同するとエジプト協会が明言した【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】W杯欠場危機のサラーは「2~3週間離脱」 初戦微妙もロシアに帯同とエジプト協会明言…】の続きを読む

    このページのトップヘ