Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2018年04月



    (出典 www.j-cast.com)



    1 名無しさん@ベクトル空間 ★ :2018/04/29(日) 23:45:10.07 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000021-nkgendai-socc

    ロシアW杯の2カ月前にハリルホジッチ監督が電撃解任され、日本サッカー協
    会(JFA)技術委員会の西野朗委員長が後釜に座った。
    2016年から丸々2年間、現場から離れていた上に代表監督経験ゼロである。
     このデタラメ人事に怒り心頭のハリルが緊急来日。27日午後4時から日本
    記者クラブで会見を行うとアナウンスされたとき、一部のサッカー関係者が「ハ
    リルは“前科者”だからね。そもそも日本代表監督として雇うべきではなかった」と言った。

     ハリルはパリSGを最後に現役を引退。指導者転身後は、フランスリーグの
    リールやレンヌなど中堅クラブで監督をやり、03年に古巣パリSGで采配を振った。
     04―05年シーズン途中に成績不振を理由に契約を解除されると、ハリルは「
    不当解雇。社会的信用が失墜。精神的苦痛も味わった。契約期間中の年俸に慰
    謝料を含めて10億円を支払え」と06年に裁判を起こした。前出の関係者が続ける。

    「最高裁まで争われて10年にハリルの敗訴が決まったが、この事件を契機にフラ
    ンス国内でのハリルの評判は地に落ち、パリSG以降はトルコやサウジアラビア、ク
    ロアチアやアルジェリアで監督を続けたが、フランスからの監督のオファーは完全に
    途絶えた。当たり前です。カネの亡者で訴訟を仕掛けてくるようなハリルを雇うクラブ
    は、フランスを含めた欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア)には
    皆無。15年3月に日本代表監督就任が発表された際、フランス国内には『日本サッ
    カー協会は彼の本性を知っているのか?』と嘲笑する声があふれ返っていた」

    ■そもそもが安直な決め方だった

     そもそも――でいうならば、ハリルの監督就任の経緯自体、日本サッカーにフィッ
    トするか、しないのか、そういう次元で選ばれたのではない。

     14年8月、メキシコとスペインの各クラブで指揮を執ってきたアギーレが日本代表
    監督に就任したが、スペイン時代の八百長疑惑で15年2月に契約解除。次期監督選
    びに手間取った某日本人エージェントが、関係の深い元Jリーグ外国人監督に頼み、
    り合いのハリルにコンタクトを取った。14年8月に契約したトルコのクラブと3カ月後に
    ケンカ別れ。無職だったハリルがパクッと食らいついた格好なのだ。
     安直に決めた前代表監督が、日本サッカーをレベルアップできずにクビになり、それ
    を不服として来日会見を開く。「ハリル電撃解任ドタバタ劇」で日本が三流サッカー国であ
    ることが知れ渡り、世界中からバカにされているのである。


    【【日本代表】 ハリル電撃解任のドタバタで露呈 日本サッカーの三流ぶり…】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



     パリ・サンジェルマンのサポーター集団が、同所属ブラジル代表FWネイマールに対し批判の声明を発表した。スペイン紙『マルカ』が28日付で伝えている。

     ネイマールは、昨夏の移籍市場で史上最高額となる2億2200万ユーロ(約294億円)という莫大な移籍金でバルセロナから移籍。持ち前の攻撃力を爆発させ、チームの躍進に大きく貢献している。チームメイトのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとPKのキッカーをめぐって争うなど、多くの騒動を起こしていることでも有名だ。

     現在ネイマールは、2月25日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首のねん挫と第5中足骨を骨折し、戦列を離脱。未だチームに復帰しておらず、母国ブラジルで手術を受けリハビリに励んでいる。

     これに対し、サポーターはシーズン途中にも関わらず、ホームであるパリに戻ってこないネイマールに不快感を示し、次のように声明を発表した。

    「我々の本拠地から離れて治療を行うのはサポーターに対し失礼だ。あまりにも我々へのリスペクトを欠いた行動であり、我々はリスペクトに値する態度を選手たちに求めている」

     ネイマールはパリで居心地の悪さを感じ、今夏に行われる2018 FIFAワールドカップ・ロシアに向けてブラジルで調整を行っているとも報じられている。大型補強を敢行したがチャンピオンズリーグで結果を残せなかったパリ・サンジェルマンのサポーターは不満がたまっているようだ。

    批判を浴びているネイマール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ブラジルで療養中のネイマールにPSGサポーターが批判「敬意を欠いている」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/29(日) 16:55:59.89 ID:CAP_USER9.net

    アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず
    4/29(日) 16:45配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/29/0011210012.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000102-dal-socc

    カルロス・アンチェロッティ氏(撮影・PIKO=2003年12月11日)

    (出典 www.nikkansports.com)


    バイエルン・ミュンヘンなどの監督を務めていたカルロ・アンチェロッティ氏が、イタリアサッカー協会からの代表監督就任要請を断ったことが28日、分かった。29日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

    各紙によると、23日に協会側とローマ市内のホテルで話し合いをした同氏だったが、協会側から明確なプロジェクトが伝わらなかったという。自身がまだクラブでの指導をしたいことや、年俸など金銭面での折り合いがつかず、最終的な結論を出した。

    候補はロシア・ゼニットのロベルト・マンチーニ監督か、仏ナンツのクラウディオ・ラニエリ監督に絞られた。


    【【海外サッカー】アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず…】の続きを読む



    (出典 football-action.info)



    1 pathos ★ :2018/04/28(土) 14:12:10.37 ID:CAP_USER9.net

     随所に主観を交えながら、前日本代表監督として成し遂げてきた仕事の説明に実に50分近くの時間が割かれた。余波を食らう形で質疑応答がわずか4問で終わった反論会見で浮き彫りになったのは、解任理由に対する両者の齟齬。そして、実名こそ明かされなかったものの、本田と香川、特に前者が胸中に抱いていた不満が、未曽有の騒動の原点ではないかと文脈から推測される後味の悪さだった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000001-wordleafs-socc&p=2


    ▼関連スレ
    【サッカー】香川真司「監督の心情を察すると、すごく悔しいと思う」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524795941/


    【【日本代表】ハリルが反論会見で明らかにした確執のあった2人とは本田と香川か?推測される後味の悪さ…】の続きを読む



    (出典 img.cdn.nimg.jp)



    エバートンとウェストハムが香川に関心と報道、現在の成績が移籍のネックに?

     ドルトムントのMF香川真司はプレミアリーグのエバートンとウェストハムからの関心が報じられ、今夏の去就問題に注目が集まっている。そうしたなかで英メディア「HITC」では「ウェストハムはカガワとの契約を忘れるべき」と見出しで特集を組み、移籍の話題に言及している。

     香川は2013年から2年間マンチェスター・ユナイテッドに所属。傑出した働きを見せたとは言い難いが、それでも1年目にはプレミアリーグ制覇を経験したほか同リーグでアジア人初のハットトリックを記録した。

     2014年にドルトムントに復帰。再び躍動した姿を見せている香川だが、このところはイングランド復帰の可能性が浮上。ユナイテッド時代の盟友FWウェイン・ルーニーらが所属するエバートンとウェストハムが興味を示していると言われるが、現地メディアの見立てではウェストハム移籍の可能性は限りなく低いとされている。

     記事では、“ハマーズ(ウェストハムの愛称)”の香川獲得は二つの理由から難しいミッションであると指摘されている。

     一つ目は争奪戦の相手となりそうなエバートンとの実力差だ。現在リーグ戦8位でトップ10位内でのフィニッシュが濃厚なエバートンに対し、ウェストハムは15位と苦戦が続く。

     香川はドルトムントでチャンピオンズリーグに出場するなど安定して高いレベルでプレーしている。今季はいまだ2部降格の可能性残すウェストハムがエバートンと争うのは難しいのではと見られている。


    移籍の障壁となり得る一人の存在、「プレーする考えを持つことはないだろう」

     そして二つ目はデイビッド・モイーズ監督の存在だ。

     香川とは2013-14シーズンに師弟関係にあったが、チームの不振も重なり指揮官の下で本領発揮はできなかった。「モイーズとともに良好な時間を過ごせなかったこともあり、この元エバートン監督(モイーズ)がロンドンのチームを率いている限り、カガワがロンドンのチームでプレーするという考えを持つことはないだろう」と記されている。香川とモイーズ再競演は考えにくいと予測されている。

     香川に関しては日本代表DF長友佑都が期限付き移籍で加入しているガラタサライ移籍の噂も流れている。間もなく負傷から復帰する“小さな魔法使い”の去就問題に今後も注目だ。


    (Football ZONE web編集部)

    ドルトムントのMF香川真司はプレミアリーグのエバートンとウェストハムからの関心が報じられ、今夏の去就問題に注目が集まっている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ウェストハム、香川真司の獲得が困難な二つの理由…】の続きを読む

    このページのトップヘ