Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2018年03月



    (出典 image.news.livedoor.com)



    鹿島アントラーズとガンバ大阪が、リーグ戦初勝利を目指し激突する。両軍は『2018明治安田生命J1リーグ』開幕戦において対照的な試合内容で、勝点を落とした。

    【チケット情報はこちら】

    『ACL 2018』で上海緑地申花、水原三星を相手に1勝1分と好スタートを切った鹿島は、勝点3を持ち帰るべく清水エスパルスの敵地に乗り込んだ。だが、前半は清水ペースで進む。鹿島守備陣はピンチに次ぐピンチに襲われるも、ポストに救われたり、シュートが枠を外れたり、GKクォン・スンテがPKストップをするなど、何とか0点に抑える。

    大岩剛監督の「前半、非常に悪い形で入ってしまった。球際やセカンドボールの攻防で負けている。立ち上がりに押し込まれた要因はいろいろあるが、大前提として自分たちの気持ちの問題だとハーフタイムに厳しく言った」との喝を受け、後半に入り、鹿島はリズムを取り戻すも、ゴールを奪えずにスコアレスドローに終わった。

    対するG大阪は、名古屋グランパスと開幕戦らしからぬド派手な打ち合いを繰り広げた。試合はピッチを広く使って攻め立てるG大阪に対し、ショートパスをつないで局面を打開する名古屋の構図に。13分にCBファビオのフィードにMF倉田秋が反応し、折り返しのパスをトップ下・遠藤保仁が技ありシュートを決めてG大阪が先制すると、26分元ブラジル代表ジョーのクロスをガブリエル・シャビエルが流し込み、名古屋が同点に持ち込む。51分にフリーキックのこぼれ球をCBホーシャが押し込み名古屋が逆転すれば、79分には右SBオ・ジェソクのクロスをCF長沢駿がドンピシャヘッドで叩き込みG大阪が追い付く。クライマックスは84分、途中出場したMF八反田康平のワンタッチパスにジョーが抜け出し、GK東口順昭と1対1に。元セレソンは絶好機にも慌てず騒がず。冷静に股抜きシュートを放ち、名古屋が勝点3を手繰り寄せたのだった。

    開幕戦で1点が遠かった鹿島と、1点届かなかったG大阪。だが、この結果を受けて、鹿島は決定力、G大阪は守備力が課題と決め付けるのは早計だ。鹿島は『ACL』との過密日程でまだパフォーマンスは定まらない。清水戦は守備に追われたMF三竿健斗もゴール前で決定的な仕事に絡むことを今季のテーマに掲げる。名古屋の猛攻に晒されたG大阪もMF今野泰幸がケガで不在だった。さらにG大阪はレヴィー・クルピ新監督のもと、再び攻撃サッカーを標榜したところだ。試合を重ねるとともに本領を発揮することだろう。

    『明治安田J1』第2節・鹿島×G大阪は3月3日(土)・茨城県立カシマサッカースタジアムにて開催。チケット発売中。
    三竿健斗(鹿島アントラーズ) (C)J.LEAGUE


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】リーグ戦初勝利を掴むのは鹿島か、G大阪か…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 数の子 ★ :2018/03/01(木) 21:42:26.32 ID:CAP_USER9.net

    元イングランド代表のテディ・シェリンガム氏は、同国代表がロシアワールドカップで好成績を収めるとは考えていない。英紙『デイリー・メール』で語った。

     現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどで活躍したシェリンガム氏は、現在のイングランド代表のタレント不足が深刻だと感じている。

     ロシアワールドカップで良い結果を残せるかと問われた同氏は「正直なところ、ノーだ」と返答した。

     シェリンガム氏は「ワールドカップで優勝しようと思ったら、少なくとも2、3人はワールドクラスの選手が必要だ。ただ、イングランドには(トッテナムFWハリー・)ケインだけだね」とコメントしている。

    「ほかのメンバーを見てみよう。良い選手はいる。だが、チームにも入れていない選手もいる。それはイングランドサッカーにとって厳しいことだ」

     ワールドカップ欧州予選では8勝2分けの無敗と抜群の安定感を見せたイングランド。本大会ではどこまで勝ち進めるだろうか。

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00258612-footballc-socc


    【【苦難】「イングランド代表にワールドクラスは1人だけ」。】の続きを読む



    (出典 liverpool.tokyo)



     マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は新契約の交渉が進まないフランス代表FWアントニー・マルシャルとアルゼンチン代表MFマルコス・ロホに不満を抱いているようだ。イギリスメディア『デイリーミラー』が27日に伝えている。

     マルシャルとロホの現契約は今シーズンまでとなっており、マンチェスター・Uは12月から両選手と新契約について話し合いを始めている。しかし、交渉開始から2カ月以上が経った今でも両選手は新契約にサインをしていない。

     フランス代表MFポール・ポグバ(週給約4000万円)やベルギー代表FWロメル・ルカク、チリ代表FWアレクシス・サンチェスなどの大きな契約を考えると、マルシャルとロホの現契約での週給は約7万ポンド(約1000万円)と、比較的少ない。同メディアによると、両選手は給料の増加を求め新契約にサインしていないという。モウリーニョ監督は両選手の流出やチーム内での不和を懸念し始めているようだ。

     マルシャルは今シーズンリーグ戦27試合に出場し、9ゴール。ロホは7試合に出場している。

    アントニー・マルシャル(左)とマルコス・ロホ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンUのモウリーニョ監督、新契約の交渉進まない2人に不満か…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    今季限りで契約満了のウィルシャー、ベンゲル監督は契約延長を望むも…

     アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、今季限りで契約満了となるため去就が注目されているが、移籍金ゼロで退団する可能性が高まっているようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。

     契約満了まで残り3カ月となったウィルシャー。アーセナルから契約延長オファーを受けているが、大きな障壁が存在するという。それは年俸だ。

    記事によれば、アーセナルは現在の週給12万ポンド(約1700万円)から25パーセントの減額でオファーを提示。しかし、毎年のように長期離脱を繰り返してきた“ガラスの天才”は、この条件に満足できていないという。

     ドイツ代表MFメスト・エジルが週給35万ポンド(約5200万円)の大幅昇給で契約延長に応じ、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがいずれも2倍以上の給与を手にしている。この格差に不満を抱いているようだ。

     アーセン・ベンゲル監督は「ジャックと早く契約を結びたい。彼のためのペンを探してあげたい。話し合いは進んでいるが、決断は彼次第。我々はそれを尊重する。我々の思いはすでに明確にしている。それ以降は、選手が満足感を見出さなければいけない」と話した。

     ボルトン(2009-10シーズン)、ボーンマス(16-17シーズン)に期限付き移籍した以外、アーセナル一筋の生え抜きのテクニシャンだが、元マンチェスター・ユナイテッドの闘将ロイ・キーン氏から「地球で最も過大評価された男」と酷評された過去もある。故障に苦しんできた“ガラスの天才”は、移籍金という置き土産を残さずにチームを去ることになるのだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    アーセナルの“ガラスの天才”がゼロ円移籍へ 25%の減給オファーによる格差に不満か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】アーセナルの“ガラスの天才”がゼロ円移籍へ…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    チェルシー戦の試合中に、指揮官からのメモを受け取ったマティッチの姿が話題に

     マンチェスター・ユナイテッドは現地時間25日、プレミアリーグ第28節のチェルシーとの上位対決をベルギー代表FWロメル・ルカク、イングランド代表MFジェシー・リンガードのゴールによって2-1と勝利した。そんななか、この試合中に起きたある一つの出来事を巡って、当事者であったセルビア代表MFネマニャ・マティッチが自身の公式インスタグラムを更新。試合中に渡されたジョゼ・モウリーニョ監督からのメモに何が書いてあったかを発表し、「ジョゼは天才だ」、「休養を楽しんで」、「これは予測不能だ」など、ファンから反響を呼んでいる。

     注目を浴びた場面は後半に起きた。2-1でホームのユナイテッドがリードするなか、モウリーニョ監督は後半36分にチリ代表FWアレクシス・サンチェスに代えてコートジボワール代表DFエリック・バイリーを投入。この時、指揮官はバイリーにメモをマティッチに渡すように指示し、そのメモを手渡すシーンが映像に流れていたのだ。

     その後、ユナイテッドはリードを保ったまま勝利を勝ち取ったが、そのメモに何が書かれていたのかは誰も知る術がなかった。

     そんななか、マティッチが26日に自身の公式インスタグラムを更新。コメント欄に笑顔マークのスタンプを記すとともに、メモの写真を投稿したのである。そして、驚きだったのがそのメモの内容だ。小さな用紙には一言、「君は3日間休養だ」と書かれていた。この投稿を受けて、コメント欄には「ホリデーへようこそ」、「なんてこった」、「ジョゼは天才だ」とファンが書き込むなど大きな反響を呼んでいる。

    冗談か、それとも本当に休養を取ったのか

     マティッチが冗談を言っているのか、モウリーニョが本当に休養を取らせたのかは明らかになっていないが、次節のクリスタル・パレス戦は5日のマンデーナイトに試合が行われることもあり、少なからず休養を取らせる可能性はあると、英紙「デイリー・メール」は伝えている。

     モウリーニョの気さくな試みが成功したのか、チェルシー戦に勝利したユナイテッドは、ライバルとの勝ち点差を6に広げた。首位マンチェスター・シティとは13ポイント差と大きく離れているが、チームの雰囲気が上向きなのは間違いないようだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    モウリーニョが試合中に渡した“謎のメモ”の内容判明!? 「ジョゼは天才」と反響呼ぶ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】モウリーニョが試合中に渡した“謎のメモ”の内容判明!? 「ジョゼは天才」と反響呼ぶ…】の続きを読む

    このページのトップヘ