Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2017年11月



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/29(水) 06:27:34.33 ID:CAP_USER9.net

    ◇明治安田生命J1リーグ・第33節 川崎F―浦和(2017年11月29日 埼玉)

     29日にJ1第33節未消化分の1試合が行われ、川崎Fは敵地で浦和と対戦する。川崎Fが引き分け以下に終われば、鹿島の連覇が決まるという大一番。この試合でクラブ最年長出場記録を更新するMF中村憲剛(37)は、勝って最終節での逆転初優勝へつなげ、記録達成に花を添える。

     舞台は整った。勝てば鹿島との勝ち点差が2に縮まり、最終節での逆転初Vに望みがつながる一戦。最終調整を終えた中村は「チームとして粘り強くなってきている」と手応えを口にし「みんなでここまでつないできた」と、静かに闘志を燃やした。

     また新たな勲章が加わる。10月14日の仙台戦で大卒史上2人目となるJ1通算400試合出場を達成したばかり。浦和戦ではさらに、05年にDFアウグストが記録した37歳28日のクラブ最年長出場記録を1日更新し、文字通り川崎Fの“レジェンド”となる。それでも「それも通過点だと思う」と話し、全神経を29日の浦和戦に集中させた。

     この日はブラジル・シャペコエンセの飛行機墜落事故からちょうど1年。犠牲者の中には15年に所属したMFアルトゥールマイアさんも含まれており、クラブは半旗を掲げ喪に服した。「タイトルを獲って良い報告をしたい」と小林。まずは浦和に勝って奇跡の逆転Vへつなげる。

    11/29(水) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000043-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    浦和のFW興梠慎三(31)がACL決勝第2戦のため未消化だった29日のホーム・川崎戦を欠場する可能性が28日、浮上した。10年ぶり2度目の優勝を果たしたACL決勝のアルヒラル戦から中3日。激闘の疲労によりコンディションも万全でなく、負傷する危険を考慮して温存もあり得る。堀孝史監督(50)は「その時に戦える選手を選んでいきたい」とだけ話した。

     興梠は今季20得点で得点ランキング2位につけている。残り1試合のC大阪FW杉本は22得点。興梠は「個人タイトルもあるけど、無理するところではないかな」と言う。浦和は7位以下が確定し、チームタイトルを優先するエースFWの強行出場は考えにくい。6日に開幕するクラブW杯(UAE)も控え、ベンチスタートが濃厚だ。

    11/29(水) 6:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000318-sph-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【中村憲剛】(川崎フロンターレ)“伝説になる日”は逆転初Vへの「通過点」、浦和戦へ闘志!FW興梠、回復優先で次節欠場へ!!】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2017/11/25(土) 11:53:07.07 ID:CAP_USER9.net

    <プレミアリーグ:ウェストハム1-1レスター>◇24日◇ロンドン

    が所属するレスターは、アウェーでウェストハムと1-1で引き分けた。

    前半8分、左サイドを上がったFWバーディーがクロスを入れると、相手のクリアミスに乗じたMFオルブライトンが右足で左下隅に押し込んで先制したが、同45分にセットプレーから同点に追いつかれた。

    岡崎はベンチ入りしたが出場機会はなかった。前節と同じ先発イレブンで臨んだピュエル新監督は、敵地で1ポイント獲得という無難な結果を得た今節後にメンバーをいじる様子は見られない。

    ローテーション採用を示唆する発言をしてはいるが、それも実際に過密日程が始まるクリスマス前まで持ち越される線が濃厚。2試合連続でスタメンを外れた岡崎にとっては我慢の冬の始まりとなりそうだ。

    レスターは3勝5分け5敗の勝ち点14で暫定11位。(山中忍通信員)

    11/25(土) 8:38配信  日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00061407-nksports-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【岡崎慎司】(レスター)出番なし ピュエル新体制で我慢の冬の始まりか!?】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/28(火) 21:12:32.81 ID:CAP_USER9.net

    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が27日、都内で元日本代表DF宮本恒靖氏(40=G大阪U―23監督)とスペイン1部リーグのバルセロナとレアル・マドリードが対戦するクラシコに向けた対談(12月22日、WOWWOWプライムで無料放送)の公開収録を行った。

     ハリルホジッチ監督は来月23日の“伝統の一戦”に向け両チームの戦力分析で宮本氏との対話が盛り上がると、日本代表についても言及。

    バルセロナのFWルイス・スアレス(30)のエゴイストぶりを絶賛し「日本のFWにエゴイストはいない。杉本(健勇=25、C大阪)も大迫(勇也=27、ケルン)もなれていない。ちょっとでも見習ってほしい」と注文をつけた。

     それでも国際親善試合ベルギー戦で杉本が見せた姿勢を評価。「パスをすれば、味方が(相手GKと)1対1になれるシーンがあったが、杉本はシュートをした。普通ならボールを出すべきだが、本人には『フリーの選手がいたけど、それでいいんだ』と言った」。FWとして何が何でも自分が決めるという意思表示は、ストライカーの第一歩というわけだ。

     またMF長谷部誠(33=Eフランクフルト)の存在を改めて強調。バルセロナのMFセルジオ・*ケツ(29)が指示を出す姿や危険察知能力などを語っているうちに「長谷部がいないと(ピッチ上で)日本の選手で声を出す選手がいない」と嘆く場面も。対談後の取材でも「日本代表に長谷部ほどの選手はいない」と繰り返していた。

    11/28(火) 16:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000040-tospoweb-socc


    【【ハリル監督】「日本のFWにエゴイストはいない」「長谷部がいないと(ピッチ上で)日本の選手で声を出す選手がいない」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 Egg ★ :2017/11/27(月) 05:40:30.60 ID:CAP_USER9.net

    <ACL:浦和1-0アルヒラル>◇決勝第2戦◇25日◇埼玉

     浦和レッズがアルヒラル(サウジアラビア)に1-0で勝ち、10年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。

     浦和は優勝賞金300万ドル(約3億4500万円)を手にした。大会規定ボーナス、日本協会から8000万円強化費も含め、ACLで総額約4億8000万円をゲット。

    クラブW杯出場で、さらに上積みすることが確実。クラブ世界一ならアジア制覇と合わせ、10億円近いビッグマネーを手にする可能性がある。

    11/26(日) 7:46配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00062192-nksports-socc

    【サッカー】<浦和レッズ>R・シルバ決勝弾で10年ぶりのACL優勝!アジア王者としてクラブW杯へ...入場者数 57,727人★8
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511688122/


    【【浦和レッズ】ACLで総額「4億8000万円」ゲット!クラブW杯出場でさらに上積みすることが確実!Vで10億...】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/27(月) 18:39:19.46 ID:CAP_USER9.net

    25日に埼玉スタジアムで行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦で、J1浦和はアルヒラル(サウジアラビア)に1―0で勝利し、2戦合計2―1で10年ぶり2度目のアジア制覇を果たしたが、

    第2戦で決勝点を奪ったFWラファエルシルバ(25)は“世界デビュー”でさらに評価が急上昇しそうだ。18日の第1戦でも貴重なアウェーゴールを奪い、上海上港との準決勝第2戦から3試合連続ゴールという圧巻の勝負強さを披露。大会MVPに選出されたMF柏木も「僕じゃなかったと思うので複雑」と語ったように、今大会9得点はエースと呼ぶにふさわしい活躍ぶりだった。

     アジアの舞台で衝撃的な活躍を見せたことで注目されるのが、今後の去就だ。来日前はスイスでプレーしていたようにもともと欧州志向が強く、Jリーグ幹部も「ラファエルシルバはACLで本当に良い動きをしていた。(海外へ)移籍したいんじゃないか」と国外への流出を危惧している。

     Jリーグの外国人選手がACLで目立った活躍をすると中国や中東から破格の条件で引き抜かれるのはもはや“風物詩”と化している。近年も元広島のFWドウグラス(29)や元鹿島のMFカイオ(23=ともにアルアイン)らが海を渡った。

     ラファエルシルバもすでにアジア各国から狙われているが、世界中から注目が集まるクラブW杯に出場することで今後争奪戦に拍車がかかることも考えられる。今夏にはスペイン1部ジローナが獲得交渉に乗り出すなど以前から欧州でも評価が高く、レアル・マドリードなどを相手に活躍すれば人気急騰は必至だ。

     浦和にとっては移籍金の相場が上昇するチャンス。だが、強力助っ人の後釜はそう簡単に見つかるものでもなく、複雑な思いを抱えながら世界の大舞台に挑む。

    11/27(月) 16:45配信 東スポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000021-tospoweb-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【サッカー】<浦和レッズ>R・シルバ決勝弾で10年ぶりのACL優勝!アジア王者としてクラブW杯へ...入場者数 57,727人★8
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511688122/


    【サッカー】<浦和レッズ>ACLで総額「4億8000万円」ゲット!クラブW杯出場でさらに上積みすることが確実!Vで10億...
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1511728830/


    【<ACL>“世界デビュー”の浦和・ラファエルシルバ争奪戦必至!レアル・マドリードなどを相手に活躍すれば人気急騰は必至】の続きを読む

    このページのトップヘ