Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2017年09月


    ハリルと本田が判定に激高! 怒り心頭で主審に猛抗議、スタッフが制止する事態に | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    後半35分、相手ボールの判定 ピッチを飛び出さんばかりの勢いで猛抗議

     

     バヒド・ハリルホジッチ監督とFW本田圭佑(パチューカ)がワンプレーの執念を見せた。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦で主審に対して詰め寄る剣幕を見せた。

     

     1-0で迎えた後半35分のことだった。カウンターから左サイドでFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)とDF長友佑都(インテル)が突破しようとしたところ、ボールがピッチを割る。日本ボールかと思われたが、次の瞬間、主審はオーストラリアボールの判定。これに激高した本田とハリルホジッチ監督がピッチに飛び出さんとばかりの勢いで猛抗議した。

     

     この怒り心頭の表情に、チームスタッフや通訳が思わず止めに行くほど。ハリルホジッチ監督は冷静さを取り戻したが、そこで闘志を燃やした日本はその後、MF井手口陽介(ガンバ大阪)のスーパーゴールで貴重な追加点を決め、W杯出場権獲得を一気に手繰り寄せた。

     

     先発に抜擢したFW浅野拓磨(シュツットガルト)の先制ゴールなど、采配も的中した指揮官は、大一番で“ハリル・マジック”を披露。2-0で勝利した日本は最終予選グループ首位通過が決定し、6大会連続6回目のW杯出場を決めた。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    田口有史●写真 photo by Yukihito Taguchi

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ハリルと本田が判定に激高! 怒り心頭で主審に猛抗議、スタッフが制止する事態に | ニコニコニュース】の続きを読む


    先制点の浅野「これからの代表を引っ張る」…歴史を覆した左足! | ニコニコニュース



    日本に貴重な先制点をもたらした浅野[写真]=兼子愼一郎
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

     41分、DF長友佑都の右足でのクロスに、完璧に抜け出したFW浅野拓磨が左足でゴールした。浅野の活躍もあり、日本は6大会連続のW杯出場を決めている。同選手は試合後にコメントを残している。

    「逆サイドでボールを持った長友選手がいいボールを送ってくれたし、それをずっと狙っていた。自分のゴールで日本に勝利をもたらすことができて嬉しい。若い選手とともにこれからの代表を引っ張っていきたい」

     次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【先制点の浅野「これからの代表を引っ張る」…歴史を覆した左足! | ニコニコニュース】の続きを読む


    主将・長谷部「もっと大きいことをしたい」…精神的主柱が責任果たす | ニコニコニュース



    キャプテンとして試合を戦った長谷部 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

     試合は41分、DF長友佑都の右足でのクロスに完璧に抜け出したFW浅野拓磨が左足でゴールした。このゴールが決勝点となり、日本は6大会連続のW杯出場を決めている。重要な一戦でキャプテンを務めた長谷部誠が試合後にコメントを残した。

    「本当にスタジアムの雰囲気が素晴らしい。日本が一体になったからこそ勝利できた。ケガをしてプレーできない期間があり、チームに迷惑かけてしまったが、結果を残せてよかった。サポーターと一緒に獲得できたW杯出場だと思う。もっと大きいことを成し遂げたいと思っている」

     次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【主将・長谷部「もっと大きいことをしたい」…精神的主柱が責任果たす | ニコニコニュース】の続きを読む


    <サッカーW杯予選>日本、6度目の本大会出場決定 | ニコニコニュース



    【日本−オーストラリア】後半、ゴールを決め、チームメートと喜び合う井手口(左から2人目)=埼玉スタジアムで2017年8月31日、長谷川直亮撮影
    毎日新聞

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選は31日、埼玉スタジアムで日本代表対オーストラリア代表戦を行い、日本は2ー0でオーストラリアを降し、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。

     日本は前半からシュート数で相手を上回り、試合を優勢に進めた。前半41分には、浅野のゴールで先制。後半37分にも、井手口の豪快なシュートが決まり、値千金の追加点を挙げた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【<サッカーW杯予選>日本、6度目の本大会出場決定 | ニコニコニュース】の続きを読む


    日本、6大会連続のW杯出場決定! 浅野&井手口弾で豪州にアジア最終予選初勝利 | ニコニコニュース



    浅野(左)の決勝点で日本がオーストラリアを下した[写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

     この試合に勝てば6大会連続のW杯出場が決定する日本。GKは4試合連続で川島永嗣、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都が並ぶ。中盤のアンカーポジションにキャプテンを務める長谷部誠が入り、インサイドハーフに山口蛍と井手口陽介。前線は浅野拓磨、乾貴士、大迫勇也の3人が起用された。

     最初に決定機が訪れたのはオーストラリア。38分、エリア手前でボールを持ったマシュー・レッキーが右足を振り抜く。このシュートは吉田に当たってコースが変わったが、左のポストに助けられた。対する日本は41分、左サイドを駆け上がった長友が右足でクロスを上げると、裏に抜け出した浅野が左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。前半は日本の1点リードで折り返す。

     後半に入り61分、追いかけるオーストラリアはトミ・ユーリッチを投入。さらに70分には日本戦で5得点を記録しているティム・ケーヒルを送り出す。

     日本も75分、乾に代わって原口元気がピッチに立つ。すると直後の77分、原口が得意のドリブルで左サイドを突破。クロスを送りると、最後は井手口がシュートを放つ。しかし、相手DFに当たってGKにセーブされた。

     すると82分、原口の粘りから井手口がボールを受けると、カットインから鋭いミドルシュートゴール右隅に突き刺した。日本がリードを2点差とする。

     日本は87分、大迫に代えて岡崎慎司。89分には浅野を下げて、久保裕也を投入する。

     試合は2-0で終了。アジア最終予選で通算0勝5分け2敗と一度も勝利がなかったオーストラリアを相手に勝利を挙げ、6大会連続6度目のワールドカップ出場が決定した。

     次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。

    【スコア】
    日本 2-0 オーストラリア

    【得点者】
    1-0 41分 浅野拓磨(日本)
    2-0 82分 井手口陽介(日本)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本、6大会連続のW杯出場決定! 浅野&井手口弾で豪州にアジア最終予選初勝利 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ