Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    2017年07月

    • カテゴリ:

    「苦渋の選択」…指揮官交代の浦和、堀新監督は「本当の意味での競争」を求める | ニコニコニュース



    取材に応じた堀孝史新監督 [写真]=田丸英生
    サッカーキング

     2017明治安田J1リーグ第19節で北海道コンサドーレ札幌に0-2で敗れてから一夜明けた30日、浦和レッズがついに監督交代に踏み切った。午前中にクラブ幹部から契約解除を伝えられたミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、練習前のミーティングで選手に対して笑顔で「下を向かずに頑張ろう」と伝えたという。大原サッカー場で取材に応じた淵田敬三社長は「ミシャ監督は5年半にわたって本当に浦和レッズを支えてくれ、今の基盤をつくってくれた大功労者。感謝してもしきれないくらい」と前置きした上で「現状を打開するには何か新しいチャレンジをしていかないといけない、というのがクラブの結論」と、重い決断をした理由を説明した。

     就任6年目を迎えた今季序盤は好調だったが、首位で迎えた4月30日のさいたまダービーで最下位の大宮アルディージャに敗れてから歯車が狂い始めた。そこからリーグ戦では3勝1分け8敗と急失速。29日にアウェイで行われた札幌戦は前半に槙野智章の退場で10人となったにも関わらず、ハーフタイムに3人を一気に代えて交代枠を使い切る指揮官の大胆な采配が裏目に出た。那須大亮が後半開始わずか3分あまりで負傷のため退き、9人での戦いを強いられて完敗。試合後、さいたま市内に戻ったクラブ幹部は深夜まで緊急会議を開いて最終決定した。山道守彦取締役強化本部長は「2カ月間いろんなアプローチはしていたが、なかなか改善が見られなかった。札幌戦の試合内容と諸々のことを見て『ここで判断すべきじゃないか』という結論に至った。ここで新しい風を取り入れなかったら、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)やJリーグYBCルヴァンカップ、スルガ銀行チャンピオンシップも含めて、我々が目指すタイトルで勝ち抜けないんじゃないかと思った。本当に苦渋の選択」と、これまでの経緯を明かした。

     次節の大宮とのさいたまダービーや、川崎フロンターレとのACL準々決勝も控えたタイミングでの交代劇。練習場は朝から重苦しい雰囲気に包まれ、涙ぐんだような表情でグラウンドに現れる選手もいた。サンフレッチェ広島時代から10年以上も監督の下でプレーしてきた槙野は「個人的には浦和の誰よりも長く一緒にやってきて、人一倍思い入れは強い。ただの監督と選手という関係を超えた関係だったと思うし、こういう状況になった責任を感じている。毎年一緒に誕生日パーティーをやっていたので、せめて誕生日(10月18日)までは……。ここまで浦和というクラブを変えてくれたし、僕自身もここまで成長させてもらった」と、声を詰まらせながら恩師への思いを口にした。プロ1年目から先発に抜てきされ、今や主軸となった関根貴大は「駄目な時期も辛抱強く使ってくれたので、結果でもっと(期待に)応えたかった。本当に残念な形で終わって自分も悔しい」と言葉を絞り出した。

     後任に指名された堀孝史コーチは下位に沈んでいた2011年にもシーズン途中から指揮を執り、J1残留を果たした経験がある。12年からはコーチとしてペトロヴィッチ監督を支えてきただけに「一緒に仕事ができて、多くのことを学ばせていただいたことに感謝したい。解任になったことを考えると、当然自分にも責任がある。その責任を一人に負わせてしまって申し訳ない」と、まずは今回の交代に複雑な胸中をのぞかせた。それでも今後の戦いに向けては「5年半やってきて本当にいいものはたくさんあるので、それをゼロにしてしまうのはもったいない。いい部分はしっかり継承しつつ、いろいろな課題は出てくるので選手たちといい方向に進めていければ」と、前任者が築いたスタイルをベースにしていく方針を示した。

     一方で、不振を脱するため随所に変化を加えることも示唆した。例えば代名詞となっている3-4-2-1のフォーメーションについて「世間では数字を並べたシステムのことを言われるが、当然相手があることなので、その時その時で変わってくることもあると思う。システムということよりも、今まで自分たちがスタイルとして持ってきた部分を継続していきたい」と、同じ布陣に固執しない可能性を語った。また、これまで固定されがちだったメンバーについても、選手に対して「本当の意味での競争をしながら、本当に戦う準備ができている人間でゲームをやっていこう」と呼びかけたという。最年長の平川忠亮は「レギュラーに関してはゼロからのスタートになると思うので、もう一度激しい競争をしていく」と述べ、今季3年ぶりに復帰し、ここまで出番がほとんどなかった矢島慎也は「俺らにとってはチャンス。俺とか(オナイウ)阿道、(長沢)和輝くん、(菊池)大介くんとかが(主力を)追い越していかないといけない」と気持ちを新たにした。

     堀監督が6年前に「ピンチヒッター」を務めた時はリーグ戦で5試合を指揮して役目を終えたが、今後について山道本部長は「信頼しているから監督に就任していただくので、スパンは今シーズン云々というよりは、ある程度のものは彼に与えていかなくちゃいけないと考えている」とコメント。淵田社長も「彼は育成に対する見方もしっかりしている。そういう人が将来にわたって新しい浦和レッズのサッカーのステージをつくってもらうのを期待したい」と、今回は暫定的でない考えを強調した。わずか3カ月前まで誰もが想像できなかった低迷から抜け出し、本来の強さを取り戻すために新体制で再出発する。

    文・写真=田丸英生



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「苦渋の選択」…指揮官交代の浦和、堀新監督は「本当の意味での競争」を求める | ニコニコニュース】の続きを読む


    その距離なんと40m! 長友同僚が決めた衝撃の「超ロングOG弾」 敵将も思わず同情 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    途中出場のコンドグビアが誰もが呆気にとられる痛恨のオウンゴール

     

     日本代表DF長友佑都の所属するインテルは29日、シンガポールで行われているインターナショナル・チャンピオンズカップでチェルシーと対戦し、2-1で勝利。しかし、この試合で最も話題を呼んだのは、インテルの失点となったオウンゴールだった。

     

     衝撃的なオウンゴールが生まれたのはFWステファン・ヨベティッチ、MFイバン・ペリシッチのゴールで2点をリードして迎えた後半29分だった。途中交代でピッチに立ったMFジョフレイ・コンドグビアが、最終ラインでのパス回しから自陣ハーフウェーライン近くでボールを受けると、相手のプレッシャーを受けたこともあり味方GKへのバックパスを選択。しかし、左足から放たれたボールはグラウンダーではなく綺麗な放物線を描いて、戸惑う守護神の頭上を越えてネットへと吸い込まれた。

     

     英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、この一連のプレーを「ジョフレイ・コンドグビアがチェルシー戦で45ヤード(約40m)ものオウンゴールを記録」と紹介。試合後、GKダニエレ・パデッリは思わぬ災難に「アンラッキーだ」と一言残し、肩をすくめていたという。

     

     

    敵将コンテは同情、スパレッティは…

     

     敵将のアントニオ・コンテ監督までも「どんなことでも起こりうる…どんなことでもね。それがフットボールというものだよ」と、相手のオウンゴールにもかかわらず同情的なコメントを寄せた。

     

     一方、今季からインテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督は、「スタートからうまく連動していて多くの進歩を実感することができたが、2-0リードの後、まだミスがあるということにも触れなければならない」と、コンドグビアに厳しい言葉を投げた。今夏での退団が囁かれているだけに、この驚愕のオウンゴールが去就に影響する可能性もゼロではないかもしれない。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    【動画】インテルのYouTube公式チャンネルで公開された、コンドグビアの「超ロングOG弾」

     

    [embed]https://www.youtube.com/watch?v=ZqsDRLo-sNA&feature=youtu.be&t=3m24s[/embed]

     

    インテルのYouTube公式チャンネルで公開された、コンドグビアの「超ロングOG弾」

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【その距離なんと40m! 長友同僚が決めた衝撃の「超ロングOG弾」 敵将も思わず同情 | ニコニコニュース】の続きを読む


    “クラシコ”に敗れたジダン監督…前向きに「別段重要なものではない」 | ニコニコニュース



    バルセロナに敗戦したことを重く受け止めないジダン監督 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017アメリカラウンドが29日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが対戦した。試合後、ジネディーヌ・ジダン監督が試合を振り返った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

     試合はバルセロナが3-2でレアル・マドリードを退け、アメリカで行われた“クラシコ”を勝利した。レアル・マドリードは、8月13日と16日に開催されるスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)でもバルセロナと対戦する。

    「これはプレシーズンでの1試合で、この結果は我々が予想していたものではない。しかし、今日の結果は別段重要なものではないんだ」と応えたジダン監督。続けて「一番大事なのは8月8日のUEFAスーパーカップだ。そこでいくつかの改善点が見られるといいね。私たちは数人負傷者を抱えている。スーパーカップまでハードワークして準備に全力を注ぐ。バルセロナに負けたことを気にしていない。敗戦は厳しいものだけど、一番重要なのはそこじゃない。ただし、もっと変えなくちゃいけないところはある」と向上心を口にした。

     またスペイン紙『マルカ』によると、バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督は、移籍報道の中心人物であるブラジル代表FWネイマールについて「今何が起こっているか話そうとしてみる。ネイマールは現在私たちと一緒にいる。彼と話してみて何か助けられることがあったら、全力で助けたいと思う」と応えた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“クラシコ”に敗れたジダン監督…前向きに「別段重要なものではない」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    メッシとスアレスがレアル戦後に憧れの選手と対面 「偉大なアイドルとの素晴らしい写真」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    男子ゴルフのタイガー・ウッズと会い記念撮影

     

     バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、プロゴルファーのタイガー・ウッズと対面を果たした。スアレスは「偉大なアイドルとの素晴らしい写真だ」と大興奮でツイートした。

     

     バルサは現地時間29日に米マイアミのハードロック・スタジアムで行われたレアル・マドリードとの国外クラシコで3-2と勝利を収め、アメリカでのプレシーズンツアーの全日程を終えた。ライバルとの決戦後、チームのスター選手には思わぬご褒美がついてきた。

     

     点取り屋のスアレスは試合後、自身のツイッターにゴルフ界のスーパースター、ウッズとの2ショット写真を投稿。スアレスの隣でバルセロナのユニフォームを着たウッズがニッコリと微笑んでいる。「ツアーは勝利で終わり、そして素晴らしいアイドルとの素晴らしい写真だ!!!!!!!!!」と、憧れのスターを前に大興奮の様子だ。

     

     そして、ウッズも自身のツイッターを更新。バルサの大黒柱メッシとも対面を果たし、子どもたちと一緒に記念撮影をしたようだ。「メッシとスアレス、僕の子どもたちと彼らの親友に会ってくれてありがとう」と感謝のメッセージが綴られていた。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    【写真】メッシ&スアレスがウッズと対面、公式ツイッターに公開された記念写真

     

     

    Terminando la gira con victoria y una gran foto con un gran ídolo !!!!!!!!! pic.twitter.com/wGXJHR1FHu

    — Luis Suarez (@LuisSuarez9) 2017年7月30日

     

    ルイス・スアレスの公式ツイッターで公開されたウッズとの2ショット写真

     

     

    Thank you to Messi and Suarez for meeting my kids and their best friends. #ElClasico pic.twitter.com/9PqPQoR6Vb

    — Tiger Woods (@TigerWoods) 2017年7月30日

     

    タイガー・ウッズの公式ツイッターで公開されたメッシ&スアレスとの記念写真

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【メッシとスアレスがレアル戦後に憧れの選手と対面 「偉大なアイドルとの素晴らしい写真」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    D・アウヴェスはネイマールとの共闘望む「両手を広げて歓迎するよ」 | ニコニコニュース



    D・アウヴェス(左)がネイマール(右)をパリSGに勧誘している [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが、同クラブへの移籍が噂されるバルセロナの同代表FWネイマールについてコメントした。スペイン紙『アス』が29日付で伝えている。

     D・アウヴェスとネイマールは、バルセロナで数多くのタイトルをつかみ取った間柄で、ブラジル代表でも多くの時間を共にしている。今夏はバカンスの一部も共に過ごしていたといい、一部ではD・アウヴェスがパリ・サンジェルマン加入を決めたのはネイマールが同クラブに加入することを知ったからとも報じられた。

     そんな中、D・アウヴェスは29日に行われたモナコとのフランス・スーパーカップに先発出場。直接FKでゴールを挙げるなど1得点1アシストの活躍で、パリ・サンジェルマンに今シーズン最初のタイトルをもたらした。同紙は、D・アウヴェスの試合後のコメントを掲載。その中で、ネイマールを同クラブに勧誘する内容の発言をしている。

    「彼(ネイマール)が決めることに関して僕は何も関係していない」とD・アウヴェスは前置きしながらも、「僕はいつも友達にはそばにいてほしいと思っている」と言及。さらに「僕たちは両手を広げて歓迎するよ」と続け、ネイマールの加入に期待を寄せた。

     また、D・アウヴェスは現在ネイマールを取り巻いている状況について、ネイマールがバルセロナに加入した2013年に似ていると感じているようだ。

    「(2013年の時は)僕は何も彼が決めたことに関わっていない。彼にバルセロナがどんなチームなのかを伝えただけだ。そして、彼はバルセロナに来ることを決めた。このような状況というのは勇敢な者のためにある。僕は勇敢だったから、バルセロナを去ってユヴェントスに移籍した。今、ネイマールは彼自身の成熟と進歩を見込まなければならない。もし彼が残りたいなら、残るべきだ。もし彼が出ていきたいなら、出るべきだ。明らかなのは、彼が僕たちと共にいることを僕は好むということだね」

     一部ではネイマールがバルセロナのチームメイトに別れを告げたとも報じられているが、D・アウヴェスの存在はパリ・サンジェルマン移籍の決め手となるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【D・アウヴェスはネイマールとの共闘望む「両手を広げて歓迎するよ」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ