写真提供: Gettyimages

 ボルシア・ドルトムントは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節ホームインテルと対戦。先制点を奪われたものの3-2で逆転勝利している。この試合でドッペルパックを記録したドルトムントモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの活躍に6日、スペイン紙『アス』が注目している。

 ハキミは昨年の夏にレアル・マドリードからドルトムントへと2年間のレンタルで加入。チームの主力として今シーズンは17試合に出場し6ゴール2アシストを記録。CLでは既に4ゴールを記録しており、レアルが今シーズンのCLで記録した3ゴールを一人で上回っており、得点ランキングではレッドブル・ザルツブルクのノルウェー代表FWエルリング・ブラウド・ホランドバイエルン・ミュンヘンポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキに次いで3位となっている。

 また、シーズン合計の6ゴールレアルの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの7ゴールに次ぐ数字であり、同紙はハキミこそジネディーヌ・ジダン監督が必要とする選手であると評価している。ハキミは今シーズンまでドルトムントとの契約を残しているが、果たして来年レアルへと復帰することになるのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)