(出典 afpbb.ismcdn.jp)



政治には興味がないとした一方で、ゴルフは「誰が世界一か答えられる」と豪語

 レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、サッカー以外の唯一の関心事としてゴルフを挙げ、英国首相が誰であるかも分からないと説明した。英紙「テレグラフ」が報じている。

 ベイルウェールズ代表の一員として参加した10月クロアチア戦で負傷。現在はロンドンに戻って怪我の回復に努めている。

 英紙「テレグラフ」はベイルに対し、自身のキャリア、家族との生活、ゴルフ、そしてそれ以外の興味をテーマインタビューを実施。改めてゴルフ以外のことに興味がないと明かしたうえで、「英国首相が誰か分からない」と衝撃的な発言を残した。

「金銭的な観点から見て、英国のEU離脱が特定の方法で金銭や投資に影響を与えるかもしれないが、残りのナンセンスなことは読んでいない。僕は本当に英国のEU離脱を99%分かっていない。英国首相が誰であることさえも分からないんだ」

 英国の首相がボリスジョンソン氏であることを伝えられたベイルは、「さあ、知らなかったな」と主張。続けて「彼が市長かと思ったのかだって? それについては発言できないし、僕は政治に興味がないんだ。僕はゴルフのことはフォローする。それくらいさ。誰が世界一であるかを伝えることができるよ」と語り、ゴルフスター選手に関しては知識があると答えている。

 怪我で苦しい時期を過ごしているベイルだが、サッカーから離れればゴルフのことしか考えていないようだ。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードFWギャレス・ベイルの唯一の関心事とは【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)