(出典 img.news.goo.ne.jp)



メッシが18-19シーズン年間最優秀選手1位でリバプールFWサネに投票

 バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、2018-19シーズン国際サッカー連盟FIFA)年間最優秀選手(男子部門)の投票でリバプールセネガル代表FWサディオ・マネを1位に選んだ。サッカー界のレジェンドからの投票を受けて、マネが喜びを口にしている。英紙「デイリーメール」が伝えた。

 マネは昨季、公式戦50試合に出場して26ゴールを記録。プレミアリーグでは22ゴールを決め、チームメートのエジプト代表FWモハメド・サラーアーセナルガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと並び得点王に輝いた。また、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では準決勝でバルセロナ、決勝でトットナムを制し、チームの優勝に貢献した。

 先月に発表されたFIFA年間最優秀選手で史上最多6回目の受賞を果たしたメッシだったが、自身もアルゼンチン代表のキャプテンとして投票を行い、「FIFA.com」が公開した各投票の内訳によると、メッシはマネを1位に選び、次いでユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、3位にバルセロナオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを選出していた。

 これについて、マネは「メッシが自分に投票してくれたなんて、最高に光栄なこと。私がどこから来たのかを考えれば、ここまで非常に長い道のりだった。(子どもたちに)言えることは、一生懸命、自分の夢に向かって頑張り続けろということだけだ」と、述べた。

 今季も11試合で8ゴール、2アシストと好調のマネ。12月に発表されるバロンドールでもメッシとともに有力候補の1人と見られている。

 ポルトガル代表FWロナウドと並んで最多5回の受賞歴を誇り、10年にわたりロナウドメッシの間で分け合ってきたバロンドールだったが、これも昨年にレアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞したことで記録はストップした。果たして、今年は誰が“世界一”の称号を勝ち取るのだろうか。(Football ZONE web編集部)

バルセロナFWメッシはリバプールFWマネに投票したそうだ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)