no title


フィオレンティーナに所属する元フランス代表MFフランク・リベリが人気サッカーゲームの最新作『FIFA 20』を手がける『EA SPORTS』にクレームした。

その理由はゲームに収録されている自身の姿が似ていなかったから。『FIFA 20』のリベリと、現実世界にいるリベリの姿はだいぶ異なる。

リベリは17日、自身のツイッター(@FranckRibery)を通じて、『FIFA 20』に収録された自身の容姿が似ていない顔画像とともに、次のようなつぶやきを投じた。

「少し前に子どもたちと『FIFA 20』をやろうとしたんだが……。おい、『EA SPORTS』さん、コイツは誰だ?」

これを取り上げたイギリスミラー』によると、理由の背景として『PES(『ウイニングイレブン』の欧州版)』がセリエAライセンスを独占した影響が考えられるという。

ちなみに、リベリの嘆きに『PES』も公式ツイッター(@officialpes)で反応。顔画像とともに「やあ、フランク! この男はわかるかい?」とツイートしている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)