(出典 img.footballchannel.jp)



本田圭佑(画像は本田圭佑公式ツイッタースクリーンショット)

限界を超えてこそ、新たな力が手に入るもの。サッカー元日本代表・本田圭佑の勝負強さが新たな次元に突入したと話題になっている。

■本田の実績と強さ

サントリーではたびたび、本田とタイアップしたキャンペーンを実施。これまでに「じゃんけん」「カードバトル」といったゲームでの勝負が行われた。

本田に勝利すればペプシの無料クーポンをゲットできるという内容だが、サッカーだけでなくあらゆる勝負事に精通している模様。多くのチャレンジャーが敗北を喫し、「強すぎる」「勝てるやついるの?」と大きな反響を呼んだ。

関連記事:「勝てるやついるの?」  じゃんけん最強の男・本田圭佑がカードゲームに参戦

■三度目の正直なるか

15日からスタートしたキャンペーンの種目は「コイントス」。回転するコインの絵柄を見極める動体視力だけでなく、1/2の確率を的中させる運も重要となってくる。

コインの表裏には「K」と「H」の文字が記されており、チャレンジャーが勝てば1ケース分のペプシが手に入るという。「三度目の正直」「今度は絶対に勝つ」と意気込み、多くのチャレンジャーが本田にリベンジを挑んだ。

■驚愕の結果が…

しかし「コイントスに勝ったのに本田が負けを認めない…」と驚愕するチャレンジャーが続出。なんとコインの文字を当てたにも関わらず、ムービー上の本田は「俺の勝ち!」と勝利宣言を発しているようだ。

ツイッターでは「本田圭佑」「ケイスケホンダ」がトレンド入りするほど話題となっており、「本田が力技でルールを変えたのか?」「今回の本田はバグってる。過去最強だ」など様々な考察が生まれている。

■意外な種明かし

コイントスのルールでは負けているにも関わらず、一向に負けを認めない本田。どうやらヒントは、運営側のコメントにありそうだ。

サントリーペプシ公式サイトの注意書きをよく見ると、「コイントスは抽選のための演出です」「当選確率が1/2になることを保証するものではありません」というメッセージが確認できる。

どうやらコイントスの勝負結果はあくまで演出で、キャンペーンの当落判定とは無関係の模様。たとえ勝負に負けても堂々と胸を張る姿勢こそ、勝負師の生き様と言えるかもしれない。

・合わせて読みたい→本田圭佑の「貯金は悪」発言が物議 「言いたいことは分かるけど…」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

本田圭佑がペプシのキャンペーンで負けを認めないワケ 「過去最強では?」


(出典 news.nicovideo.jp)