(出典 f.image.geki.jp)



ユベントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)がマンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいているという。イギリス『エクスプレス』が報じた。

マッシミリアーノ・アッレグリ前体制下でサイドプレーヤーとしての新境地を開拓するなど、確かな信頼を勝ち得たマンジュキッチ。だが、マウリツィオ・サッリ新体制発足の今シーズンは序列が下がり、移籍の可能性が高まっている状況だった。

そのマンジュキッチはカタールアメリカ行きの可能性も取り沙汰されたが、欧州の第一線でプレーできる自負があり、ユナイテッドと加入で口頭合意に至った模様。移籍金1000万ポンド(約13億6000万円)程度で獲得可能とみられる。

ユナテッドは今夏、FWロメル・ルカクとチリ代表FWアレクシス・サンチェスを放出。FWマーカス・ラッシュフォードやFWアントニー・マルシャル、FWメイソン・グリーンウッドを得点源に擁立したが、故障も相次ぎ、補強が急務な情勢だ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)