(出典 img.footballchannel.jp)



バルセロナフランス代表FWウスマーヌ・デンベレにラ・リーガから制裁が下った。スペイン『FOOTMERCATO』が報じている。

同選手は6日にホームで行われたラ・リーガ第8節のセビージャ戦において、87分に相手選手にタックルを試みたDFロナルド・アラウホに一発退場が命じられた際に、マテウ・ラオス主審に「酷いね。本当に酷い奴だ」と判定に不満を漏らしていた。

主審はその時、デンベレにも一発退場を命じたのだが、クラブは試合後これらの判定に不服申し立てを提出。

しかし、スペインサッカー連盟(RFEF)の協議委員会は、デンベレに対しラ・リーガ2試合の出場停止処分を決定。これにより、今月19日の第9節エイバル戦および、同26日の第10節レアル・マドリー戦を欠場することになった。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)