(出典 www.football-zone.net)



バー直撃シュートゴール取り消しでインテルとの“イタリア・ダービー”は無得点も…

 ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間6日に行われたインテルとの“イタリア・ダービー”でフル出場し、2-1の勝利に貢献した。ゴールアシストこそ生まれなかったが、前半途中には目にもとまらぬ連続フェイントで会場を沸かし、海外メディアも「親友のボールと遊んでいる」「驚くプレー」と報じている。

 アウェーのユベントスは前半4分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの縦パスに抜け出したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、相手マークに付かれながらも左足を振り抜いて電光石火の先制点を奪った。

 さらに前半9分、最終ラインからのロングボールに抜け出したロナウドが左サイドからカットインインテルウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンをあっさりとかわすと、シュートコースを塞いで体を張ったオランダ代表DFステファン・デ・フライフェイントで置き去りにして右足を一閃。背後からのイタリア代表MFステファノ・センシのタックルも追いつかないスピードで放たれた強烈なシュートは、惜しくもクロスバーを叩いた。

 ロナウドは同点に追いつかれて迎えた前半41分にディバラとの連係でネットを揺らすも、ディバラがオフサイドだったとしてノーゴール判定。後半35分に途中出場のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが決勝点をマークしてインテルに勝利したが、ロナウド自身は無得点に終わった。それでも、華麗なテクニックで沸かせたシーンに海外メディアも注目している。

切り返し→ラボーナフェイント→ノールックヒールの連続コンボでダンブロージオを翻弄

 前半32分、ペナルティーエリア内でボールを受けたロナウドは、インテルイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオと対峙する。右足アウトサイドで中央に持ち出したところに相手DFディエゴ・ゴディンカバーに入った瞬間、右足インサイドで切り返して方向転換。ドリブルから軸足裏を通してキックする“ラボーナ”を繰り出すと見せかけて、そのまま足もとにキープすると、再び中央に持ち出してジャンプしながらのノールックヒールでピャニッチにパスをつないだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターは、「ポルトガル人のショー! クリスティアーノ・ロナウドは親友のボールと遊んでいる。インテルとのクラシコダービー)でフェイント、ラボーナ未遂、空中ヒール」とレポート。スポーツ専門局「ESPN」アルゼンチン版が「CR7は純粋に贅沢! ダンブロージオに対して才能のすべてを披露した」と伝えれば、ペルーメディア「trome」も「驚くべきプレー」「ポルトガルストライカーライバルの守備を混乱に陥れた」と称えている。

 たとえ得点できなくともプレーで魅せる――。当然のようにそれをやってのけてしまう実力を、ロナウドは改めて証明した。(Football ZONE web編集部)

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)