(出典 i.pinimg.com)



レアル・マドリースペイン代表DFセルヒオ・ラモスSNSに投稿した写真が話題になっている。

同選手は8日、自身のツイッターインスタグラムに一枚の写真を投稿。その写真は、背中が大きく映ったショットなのだが、ここである違和感を覚える。

あまり見る機会はないが、セルヒオ・ラモスの背中には全面に入れ墨が彫られているのだが、今回の写真にはそれが全くない。フォトショップできれいに張り替えられているのだ。

この投稿をInstagramで見る

#RMDerbi. Sobran las palabras. There are no words. #HalaMadrid

Sergio Ramosさん(@sergioramos)がシェアした投稿 -



スペイン『アス』によると、この写真はアマゾンライムで公開された『The Heart of Sergio Ramos』というドキュメンタリー番組の宣伝のために用意したもので、投稿には「#CleanSheet」というハッシュタグが付けられている。

この投稿には多くの「いいね」が寄せられ、多大な宣伝効果を得られることになった。一方で、今シーズンレアル・マドリーが3試合しかクリーンシートを達成できていないことを揶揄する返信もあるようだ。
サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)