(出典 football-tribe.com)



負傷離脱中のマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバだが、現在はドバイにいるようだ。イギリススカイスポーツ』が報じている。

ポグバは、右足首を負傷しており、3日に行われるヨーロッパリーグのAZ戦を欠場。また、6日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦も欠場していた。

ユーロ2020予選を戦うフランス代表にも招集されなかったポグバだが、ドバイで何をしているのか。決して遊んでいるわけではなく、治療のために訪れているという。

ポグバは自身のインスタグラム(paulpogba)に動画と写真を投稿。何やら屋上らしきところで街を見下ろしながらバイクを漕いでいるが、その場所は「トランスフォーム・アルティチュード・パフォーマンスセンター」の屋上とのこと。ドバイにあるトレーニングジムだ。

ポグバは動画とともに「彼らは努力が報われるというが、暑い中でのハードワークはどうだい?どれどれ。この景色を愛する」と投稿。眼下に街並みがある中で、トレーニングを行なっている姿を投稿した。

インターナショナルウィークで休暇をもらっているポグバは、パーソナルトレーナーとともにドバイへ向かい、来週末に控えているリバプールとの大一番への復帰を目論んでいるようだ。

シーズンは、ここまでプレミアリーグで2勝3分け3敗の12位と苦しいスタートを切ったユナイテッド。一部報道では、リバプール戦に敗れればオーレ・グンナー・スールシャール監督が解任されるとも言われているが、ポグバの復帰によって、ここまで全勝のリバプールを止めることはできるだろうか。

この投稿をInstagramで見る

They say hard work pay off what about hard work in the heat ? Let’s see loving the view though ..Allah always in control #37degres#enjoywork#blessed

Paul Labile Pogbaさん(@paulpogba)がシェアした投稿 -

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)