(出典 footballbuzz.org)



昨季限りでロシアプレミアリーグゼニト・サンクトペテルブルクとの契約を解除し、フリーエージェントとなったマルキージオ。

33歳ながらも継続的な負傷によってこのところはピッチを離れざるを得ない時間が長くなっていた。

そして今回『Gazzetta dello Sport』などが伝えたところによれば、彼は3日にユヴェントス・スタジアムで記者会見を開き、現役引退を発表する予定であるそう。

マルキージオは今夏ブラジルや中国のクラブ、そしてモナコやグラスゴー・レンジャーズからオファーが届いていたものの、それを拒否したという。

なお、マルキージオはおそらくアンドレア・バルザーリのようにスタッフや大使としてユヴェントスに関わっていくのではないかと考えられている。

【関連記事】サッカー界で今季を最後に引退するスター選手、10名

彼は以前から自身の和風レストランチェーン『Legami』を経営しており、すでにトリノ、サルディーニャ、そしてローマと3店舗を構えてきた。そのビジネスもさらに本格化していく可能性も。

33愛マルキージオ、本日引退へ!和風レストラン経営も本格化か


(出典 news.nicovideo.jp)