写真提供: Gettyimages

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2戦が日本時間2日と3日に行われる。

 今シーズンのCLで最も注目を集めているグループバルセロナボルシア・ドルトムントインテル、スラビア・プラハが集まったグループFだろう。“死の組”とも呼ばれているグループFはGS第1節では2試合とも引き分けで終了しているだけに第2節の結果は気になるところだ。

 今回はそんなCLグループFのGS第2戦バルセロナインテルの一戦を英大手ブックメーカー188BET』が設定するオッズで見ていく。



写真提供: Gettyimages

勝敗オッズ

バルセロナの勝利:1.57倍
インテルの勝利:5.7倍
引き分け:4.35倍

 勝敗オッズはホームバルセロナが圧倒的オッズに設定された。インテルの勝利は引き分けより高いオッズ設定され、勝ち点3の獲得は難しいという見方が強いようだ。

先制点予想オッズ

バルセロナが先制1.44
インテルが先制:2.77倍
ゴール無し15.5

 先制するチームを予想するオッズでもバルセロナの方が低めのオッズに設定された。



写真提供:Getty Images

合計スコア

1番人気:【1-0 バルセロナ勝利】8.0倍
2番人気:【2-1 バルセロナ勝利】8.1倍
3番人気:【2-0 バルセロナ勝利】8.5倍
3番人気:【1-1 引き分け】8.5倍
5番人気:【3-1 バルセロナ勝利】11.5倍

 合計スコアを予想するオッズの上位人気では4番人気の引き分け以外はバルセロナの勝利を予想するスコアが人気を集めた。

 なお、インテル勝利のスコアの中では【0-1 インテル勝利】と【1-2 インテル勝利】のスコアが18倍で人気を集めている。

合計ゴール

0~1点:4.25倍
2~3点:2.13倍
4~6点:2.69倍
7点以上:14.0倍

 両チームの合計得点を予想するオッズは上記の通り。1番人気が2~3点、2番人気が4~6点ともにオッズが2点台と多くの得点が生まれることが予想されている。



写真提供: Gettyimages

 次に両チームの得点者を予想するオッズを人気順に紹介する。

バルセロナ得点者予想オッズ

リオネル・メッシ:1.8倍
ルイス・スアレス:1.9倍
アントワーヌ・グリーズマン:2.0倍
アンス・ファティ:2.2倍
ウスマン・デンベレ:2.3倍
カルレス・ぺレス:2.6倍

 30日に全体練習に参加し、太ももの負傷から復帰のメッシが1番人気に差のない2番人気と3番人気にはスアレスグリーズマンが推されている。

カンプノウで行われたCLゴール

 

 



写真提供: Gettyimages


インテル得点者予想オッズ

ロメル・ルカク:3.3倍
アレクシス・サンチェス:4.2倍
ラウタロ・マルティネス:4.2倍
ステファノ・センシ:4.5倍
マルセロ・ブロゾビッチ:4.8倍
マッテオ・ポリターノ:4.8倍

対するインテルの得点者予想オッズはマンチェスター・ユナイテッドから加入したルカクチーム内では抜けた人気に。そして、2番人気にはサンチェスマルティネスが続く形にとなった。

 

ミラノダービールカクが決めたヘディンゴール

 

 


 



(出典 news.nicovideo.jp)