(出典 img.footballchannel.jp)



リーグ6連勝中のインテル、CL第2節はアウェーでバルセロナと激突

 インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、ミッドウィークの現地時間10月2日UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で古巣バルセロナとの試合を控え、UEFA公式サイトインタビューで「2回のチャンスを決めなければ、0-3で負ける」というコメントを残している。

 イタリアウディネーゼで欧州でのキャリアをスタートさせ、2011年バルセロナへとステップアップしたサンチェス。当時を「(ジョゼップ・)グアルディオラ(監督)に、シャビイニエスタ、そして偉大なキャプテンだったプジョルがいた。史上最高のバルセロナとも言われた。そこで、ポゼッションサッカーを学んで、違ったサッカーを学んだ」と振り返ったうえで、今季から加入のインテルでの戦いについては、次のように決意を明かしている。

「競争力があるというところで満足するのではなく、勝利するために戦う。全ての選手が優勝したいと思っている大会だ。インテルが再びCLに希望を持てることは素晴らしい。将来のための準備を進めているクラブであり、インテルで何かを獲得したいと思ったからこそイタリアに戻ることを決めたんだ」

 そして、バルセロナとの戦いに言及すると「彼らはホームで非常に強い」というシンプルな強みを指摘。そして、「もし僕たちに1つか2つのチャンスがあれば、そこでゴールを決めなければいけない。そうでなければ、0-3で負ける。マンチェスター・ユナイテッドにいた時、彼らとの対戦で3回か4回のチャンスを逃してしまった」と、特にアウェーゲームでは少ないチャンスを生かすことの大切さがあるという“経験則”を語った。

 このグループドルトムントも同居するだけに、前評判からも簡単な“2強リーグ”になるとは予想しづらい。開幕節は両チームとも引き分けた。決勝トーナメント進出を考えれば、この試合は今後の戦いの優位性を確保するためにも、結果が重要なタイミングになる。勝ち点が並んだ場合は直接対決の優劣が比較されることからも、インテルにとってはゴールの価値も大きい。

 バルセロナは決して良いとは言えないシーズン序盤を過ごすなか、インテルリーグ開幕6連勝と好調でぶつかる。古巣対決となるサンチェスは、敵地バルセロナでの貴重なゴールと勝利をもたらすことができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

インテルFWサンチェスがCL次戦について語った【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)