(出典 lifepicture.co.jp)



 リヴァプールはかつて、マンチェスター・Cからハッキング行為で訴えられていたようだ。21日、イギリス紙『Liverpool Echo』がイギリス紙『タイムズ』を引用して報じた。

 報道によると、マンチェスター・C2013年7月に「リヴァプールの複数職員は8カ月に渡って、クラブが保有する選手のスカウティング情報を、クラブ職員のログイン情報を用いた不正なアクセスで何度も閲覧していた」としてリヴァプールを告訴していたという。リヴァプールクラブや職員の法的責任と不正行為を認めなかったものの、同年9月に100万ポンド(当時レートで約1億6000万円)の示談金をマンチェスター・Cに支払ったようだ。

 なお、この問題は法廷へとは持ち込まれておらず、当時のプレミアリーグも両クラブが和解していた事実などについては関知していなかった模様だ。

 リヴァプールの広報担当者は、「リヴァプールは、他のクラブや組織、または個人と締結した、あるいは締結していない可能性のある法的契約に関する申し立てについて、コメントを提供していない」と詳細への言及を避けている。

プレミアの覇権を争うリヴァプールとマンチェスター・C [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)