no title


 プロサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドが、英レポーターのピーアス・モーガンとのインタビューで、恋人のジョルジーナ・ロドリゲスと結婚する意思があることを明かしたという。そのロナウドとの間に娘のアラナちゃんを授かったジョルジーナは、ロナウドのほかの子どもたちともすでに家族ぐるみの付き合いだ。

【写真】とっても仲良し! サイクリングを楽しむクリスティアーノ・ロナウド&恋人&子どもたち

 Mail Onlineによると、英ITVテレビ番組でモーガンにジョルジーナと結婚について尋ねられたロナウドは困った様子だったそうだが、ジョルジーナについて「彼女にはすごく助けられた。もちろん彼女に夢中だよ。僕たちはいつか、間違いなく結婚する。それは僕の母の夢でもあるしね。だからいつか、そうなるさ」とコメントしたという。「最高だよ。彼女は僕の親友なんだ」とロナウド。「よく会話する。僕は彼女に打ち解けているし、それは彼女も同じだ」と、ジョルジーナに対する称賛が止まらない様子だ。

 もうすでに家族のようなロナウドとジョルジーナは最近、ロナウドの長男で9歳のクリスティアーノ・ジュニアくん、2歳の双子のマテオくんとエヴァちゃん、そして22ヵ月のアラナちゃんを連れて、サイクリングを楽しんだようだ。ジョルジーナのインスタグラムには、田園風景の中で撮影した写真が数枚投稿されており、飾らない家族の姿にほんわかさせられる。

 インタビューではまた、ロナウドが涙を拭うひと幕もあった。2004年ポルトガルで開催された欧州選手権を前に、生前の父ジョゼ・ディニス・アヴェイロさんがロナウドを褒め称えている映像を見たロナウドは、その映像を初めて見たという。ジョゼさんはロナウドが20歳の時に52歳の若さで死去した。

引用:「ジョルジーナ・ロドリゲスインスタグラム(@georginagio)

恋人のジョルジーナと結婚する意思があることを語ったクリスティアーノ・ロナウド (C)Zeta Image


(出典 news.nicovideo.jp)