(出典 img.footballchannel.jp)



アウェーでのCL初戦、ドルトムントスコアレスドロー 「低調ぶりは継続」

 バルセロナは現地時間17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕戦でドルトムントと敵地で対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。アウェーゲームとはいえ、低調な出来に終始した昨季のリーガ・エスパニョーラ王者に対し、スペイン紙「マルカ」は「らしくないパフォーマンス」「胸を張れるのはテア・シュテーゲンだけ」と厳しい評価を与えている。

 バルセロナは敵地ジグナル・イドゥナ・パルクで、ドルトムントに苦戦を強いられた。後半14分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが途中出場で戦列復帰を果たし、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとの“MSGトリオ”が初の揃い踏みとなったが、ゴールは遠かった。

 反対に後半10分にはイングランド代表FWジェイドン・サンチョに対するDFネルソン・セメドのファウルドルトムントにPKを献上する場面もあったが、ドイツ代表GKマルクアンドレ・テア・シュテーゲンが同胞MFマルコ・ロイスキックストップして九死に一生を得た。

 結果的には0-0で勝ち点1を手にしたバルセロナだが、スペインメディアは厳しい視線を送っている。

火曜日の夜、カンプ・ノウを離れたバルセロナの低調ぶりは継続していた。チャンピオンズリーグ開幕戦、ジグナル・イドゥナ・パルクでのドルトムント戦は非常に彼ららしくないパフォーマンスで0-0の引き分けに終わった」

 記事では、試合結果がこのように伝えられている。ブレーク中のFWアンス・ファティが、CLにおけるクラブ最年少出場記録(16歳321日)を更新したり、メッシが今季初出場を果たすなど明るい材料もあった一方で、スペイン代表DFジョルディ・アルバが負傷交代を強いられるアクシデントにも見舞われた。結果も含め、全体的にはネガティブな印象が残るゲームとなったようだ。

スアレスグリーズマンも前線で存在感がなかった」

ルイス・スアレスもアントワーヌ・グリーズマンも前線で存在感がなかった。胸を張れる選手はただ1人、テア・シュテーゲンだけだった」

 チームを敗戦の危機から救うPKストップを見せた守護神のテア・シュテーゲン以外に、見るべき点がなかったと厳しい見方をされているバルセロナメッシの復帰がチームの起爆剤になるのかなど、今後の戦いに注目だ。(Football ZONE web編集部)

FWメッシ(右)が復帰したバルセロナだが、CL初戦はスコアレスドローに終わった【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)