(出典 amd.c.yimg.jp)



 14日に行われたバレンシア戦で1ゴール1アシストを記録したギニアビサウ人FWのアンス・ファティはこの試合でバルセロナの歴史に名を刻む記録をまたも更新したようだ。15日、クラブ公式サイトがその内容を伝えている。

 この日行われた試合で、ファティは2分にはカンプ・ノウで初ゴールを決め、7分には自身の突破からクロスを供給し、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングのゴールアシストを記録している。この7分間で、ファティは1試合で得点とアシストの両方を決めたリーガ・エスパニョーラ史上最年少の選手となった。また、この得点でカンプ・ノウでの歴代最年少得点者の記録も更新した。

 バルセロナでの最年少出場記録更新後も、勢いが止まらないファティはすでに記録破りの選手としてすでにスペインサッカー史に刻まれる選手になっているようだ。

最年少記録を更新続けるファティ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)