(出典 sportiva.shueisha.co.jp)



チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンが、首脳陣にフランク・ランパード監督に時間を与えることを求めている。イギリススカイスポーツ』が伝えた。

シーズン、ランパード監督を招へいし、新たな一歩を踏み出したチェルシー。だが、今夏には長らくエースを務めてきたベルギー代表MFエデン・アザールに加え、ブラジル代表DFダビド・ルイスクラブを去った。

その一方、国際サッカー連盟(FIFA)から科された補強禁止処分によって、補強は今冬の移籍市場でドルトムントからの獲得が決定していたアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチのみ。そんな中で迎えた今シーズンプレミアリーグでは、ここまでの5試合で2勝2分け1敗とやや厳しいスタートとなっている。

それでも今シーズンから10番を背負うウィリアンは、ランパード監督に時間が必要だと主張。クラブの象徴と共に時間をかけ、クラブを強化していく必要性があると自身の考えを明かした。

「ランパードは、チェルシー最高の選手のひとりであり、ヨーロッパ最高の選手の一人でもある」

ファンは彼を愛し、彼もクラブをよく理解している。今はもっと彼に時間をかけるべきなんだよ。僕はチェルシーに6年間いたけど、すでに5人の監督を経験している」

「多分だけど、今はマンチェスター・シティリバプールのようにもっと時間をかける必要があると思うんだ。3年、4年。それがとても重要な気がするんだ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)