(出典 f.image.geki.jp)



日本にサッカーの技術を伝えたビルマの留学生チョーディン

「こないして、『ふーとぼーる』をやったもんだがね」

 岐阜の女学校に通っていたという祖母は、モンペスカート?)を両手でたくし上げるような仕草をした。その格好のままボールを蹴るのが「ふーとぼーる」だったと言っていた。小学生だった私が、「お婆ちゃん、それサッカーじゃないの?」と聞いても、「サッカー? ふーとぼーる言うてたよ」と答えるのみで、その時はなんだか腑に落ちないものがあったのだが、後にサッカーと呼ぶのは日本とアメリカぐらいで、世界的にはフットボールなのだと知った。

 明治生まれの祖母が女子高生だった時代の岐阜といえば、けっこうな田舎だったと思う。そんなところにまで、フットボールはあったわけだ。女子がプレーしていたのも驚きだが、祖母の認識だとゴールボールを入れるとか、パスをつなぐではなく、とにかく目の前に来たボールをポーンと遠くへ蹴飛ばすという、蹴鞠みたいなものだったようだが。

「日本サッカーの父」といえばデットマール・クラマーが有名だが、明治から大正にかけて広くサッカーの技術を教えた伝道師といえば、チョーディンの名が挙がる。ビルマ、つまり現在のミャンマーから来た留学生だった。当時のビルマは英国領で、チョーディンサッカー観はスコットランド由来だったという。

 イングランド式とスコットランド式。サッカーには2つの流派があった。ロングボールを蹴って追いかけ、ドリブルで突撃していく勇猛なイングランド式に対して、スコットランド式はショートパスをつないでいく技術のサッカーだ。イングランドのジェントルマンたちは「男らしさ」を重視しており、パスですら「男らしくない」と批判していた。もし彼らが今日のポゼッションだのポジショナル・プレーなどを目にしたら、「軟弱極まりない堕落したフットボールだ」と憤慨するに違いない。

 ただ、英国人が世界各国へ広めていったスタイルスコットランド式が優勢だった。チョーディンが理路整然とした指導で技術を教えた日本も、スコットランド式の流れを汲んでいる。

 ロシアワールドカップ(W杯)直前に解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督は、「縦に速い攻撃」を志向していた。解任理由はいろいろあったと思うが、これも一つの遠因ではないかと想像している。

体力が決め手になる「縦に速い攻撃」、日本人には“違和感”のある戦法

 縦に速い攻撃をするには技術も必要だが、決め手はむしろ体力だ。ロングパスを瞬時に蹴る筋力、FWの走力。そして攻撃方法としてはけっこうラフなので相手ボールになる確率は高く、その時は素早く帰陣する体力も求められる。技術、判断、体力のどの点でも日本人選手にはやりにくい、違和感のある戦法だった。

 ハリルホジッチ解任後に就任した西野朗監督は、時間がないこともあって選手に違和感のないスタイルチームをまとめ、ロシアW杯ではベスト16まで勝ち上がり、日本サッカー協会は「ジャパンズ・ウェイ」だと言って喜んでいた。チョーディンの植え付けたDNAが、ハリルホジッチが持ち込もうとしたイングランド式っぽいものにアレルギー反応を出して駆逐したという解釈は、考えすぎだろうか。

 カタールW杯アジア2次予選、日本はチョーディンの母国ミャンマーに2-0で勝利して初戦を飾っている。中島翔哉や堂安律が深く下がってボールを預かり、中央の密集地帯へ突入する攻撃をしていたが、あまり効率的とはいえず後半は0-0だった。

 日本サッカーDNAに従って素のままでプレーすると、だいたいああいう感じになる。現状の力をそのまま無理なく、思うがままに発揮できるという意味では、確かに「ジャパンズ・ウェイ」かもしれない。ただ、チョーディンは英文で日本人向けに初の技術書を書いていて、シュートにも「三角法」を用いて説くなど、エンジニアらしい理論派だった。それからすると、現在の日本代表はやや“感覚”に流れすぎているのかもしれない。(西部謙司 / Kenji Nishibe)

日本のサッカーに今何が起こっているのか【写真:Yukihito Taguchi】


(出典 news.nicovideo.jp)