(出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



写真提供: Gettyimages

 マンチェスター・ユナイテッドは14日、プレミアリーグ第5節でレスター・シティと対戦し1-0で勝利し、4試合ぶりの勝利を手にした。

 この試合で見事PKを沈めユナイテッドを勝利に導いたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードベルギー代表FWロメル・ルカクの退団に伴いユナイテッドの新たなストライカーになるチャンスを手にしている。

 しかし、直近の結果を見る限りユナイテッドの新たなストライカーになることができるのかという点に関して疑問が生じているようだ。15日、英紙『ミラー』が伝えている。

 ラッシュフォードは過去のリーグ戦38試合において13ゴールマークしている。この数字から計算すると、1ゴールにかかる時間は214分となり、決して良い結果ということはできない。

 再びプレミアリーグトップを目指すユナイテッドとしてはこの結果に納得しないファンが多いようだ。

 



(出典 news.nicovideo.jp)