(出典 f.image.geki.jp)



アルゼンチン戦を終えてインテル帰還が許され、トップコンディションに戻すべく…

 今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、コンディション調整を考慮して代表活動を1試合免除されたようだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 サンチェスは移籍市場の最終週に入ってから、ユナイテッドからインテルへの期限付き移籍が決定。プレシーズンはユナイテッドで過ごしたものの、基本的に放出の交渉が進んでいた対象とあってレギュラー起用されるメンバーと同じような状況にはなかった。

 8月29日インテル移籍が決まったが、同時にチリ代表にも招集された。しかし、9月に国際親善試合が2戦予定されるなかで、初戦のアルゼンチン戦(0-0)を終えた時点でイタリアへ戻ることが許され、ホンジュラス戦の活動は免除されたという。

 この背景には、インテルがチリサッカー連盟と交渉を行ったことがあるようだ。サンチェスは9日にはインテルの練習施設に戻り、トップコンディションに戻すためのトレーニングスタートさせるという。

 インテルとしては、チリ連盟との交渉を成功させたことでサンチェスをより早く前線の戦力にできると見込まれる。インテルのアントニオ・コンテ監督にとっては、クラブファインプレーという追い風を手にしたことになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

インテルに移籍したアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)