(出典 img.footballchannel.jp)



東京五輪出場の可能性をドイツメディアが報道

 サッカーJリーグヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが2020年東京五輪オーバーエイジ枠での出場を望んでいるという。ドイツメディアが報じている。

 すでに東京五輪出場を決めているドイツ代表。そのオーバーエイジ枠の候補として、日本でのプレー経験も豊富なポドルスキの名前が挙がっているようだ。

 ドイツ公共放送「ZDF」の公式ツイッターによると、「ポドルスキ(1985年生まれ)は、今でもドイツ代表の準備ができている! ドイツU-23でもう一度プレーすることに? 五輪代表には1997年以前に生まれた選手も3人入ることができるため、実現可能な夢だ」と伝えており、さらに34歳の意気込みも伝えている。

「もちろん五輪には出てみたい。どのスポーツ選手にとっても、何かすごいことだからね。もし興味を持ってもらえるなら、責任ある人たちと話し合う準備もできている」

 ポドルスキは2017年3月にドイツ代表を引退。同年7月に神戸に加入した。契約は2020年1月までだが、もし五輪出場となれば契約延長も視野に入る。

 日本で再びポルディがドイツ代表のユニホームにそでを通すことになるか。今後の動向に注目だ。(THE ANSWER編集部)

2017年3月の代表引退試合でプレーするポドルスキ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)