no title


ボーンマス戦で2ゴール シティ通算235点目をマーク

 マンチェスター・シティアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、現地時間25日に行われたプレミアリーグ第3節のボーンマス戦(3-1)で2ゴールを決め、キャリア通算400得点という節目に到達した。米スポーツサイトブリーチャー・レポート」も公式ツイッターで記録達成を祝福している。

 前節ホームトットナムと2-2で引き分けたシティは、敵地に乗り込んでの第3節となった。守備の厚い相手に攻め込む試合展開となるなか、前半15分に元スペイン代表MFダビド・シルバのパスを起点に左サイドから攻め込むと、最後はエースアグエロが左足で流し込み、幸先良く先制した。

 さらに同43分には、中央からのシルバラストパスを受けたイングランド代表FWラヒーム・スターリングが追加点をマークアディショナルタイムウェールズ代表MFハリーウィルソンの直接FKを決められるも、そのまま2-1でリードして前半を折り返した。

 後半もチャンスを作り続けたシティは同19分、シルバがドリブルでペナルティーエリア内を突破。最後は並走して走り込んでいたアグエロが押し込んで3点目を奪った。そのまま勝利を収め、シティは2位に浮上している。

 2011年夏にアトレチコ・マドリードから移籍を果たしたアグエロは、これでシティでの公式戦通算ゴール数を「235」に伸ばした。キャリア通算では400ゴールいう節目の記録を達成。「ブリーチャー・レポート」はツイッターで、「アルゼンチン代表:41、インディペンディエンテ:23、アトレチコ:101マンチェスター・シティ235」と、各クラブでのゴール数を挙げ、「アグエロがキャリア通算400ゴールを達成」と祝福した。

 コメント欄には、

「世界最高のストライカー
メッシよりすごい
レジェンド
プレミア一のストライカー
「なんという選手だ!」
素晴らしいゲーム

 など、多くの称賛の声が集まっている。31歳という年齢を考えても、今後も記録を更新し続けていきそうなアグエロ。昨季国内三冠を果たしたシティで、まだまだ得点を積み重ねそうだ。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・シティFWアグエロはキャリア通算400ゴールを達成【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)