no title


スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、レアル・マドリー移籍の可能性が取り沙汰されているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールについて言及した。スペインマルカ』が伝えている。

今夏のPSG退団を希望しているネイマール。その移籍先として、古巣のバルセロナやマドリーが挙がっており、徐々に両クラブの動きも活発化しつつある。

セルヒオ・ラモスは24日に行われたリーガエスパニョーラ第2節のバジャドリー戦(1-1のドロー)後、加入が噂されるネイマールについて問われ、「世界でトップ3に入る選手」だと称賛。しかし、常日頃から移籍の噂がつきまとうマドリーでは「冷静でなければならない」とコメントした。

ネイマールは世界でトップ3に入る選手だ」

「だが、選手の契約などについて話すことは、この素晴らしいチームへのリスペクトを欠くことになる。このようなことはレアル・マドリーでは常に話題になる。移籍市場が開いているのならなおさらだ」

「選手たちはこれらのことに冷静でなければならない」

ちなみにネイマールは今年7月に行われた『レッドブル』のイベントに出席した際、“これまで対戦した最高の選手”にセルヒオ・ラモスの名前を挙げている。実力を認め合う両者が同じチームで共演する日は訪れるのだろうか。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)