(出典 portal.st-img.jp)



サイドからのカットインロッベンの代名詞 左45度は“デル・ピエロゾーン

 アリエン・ロッベンが7月、現役引退を発表した。フローニンゲンデビューし、PSVチェルシーレアル・マドリードバイエルン・ミュンヘンで活躍。PSV以降のすべてのクラブタイトルを獲り、バイエルン時代はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝の立役者にもなった。オランダ代表でもワールドカップ準優勝(2010年)、3位(14年)と素晴らしい戦績。輝かしいキャリアは、改めて記すまでもないだろう。

 ロッベントレードマークといえば、右サイドからカットインしての左足シュート。引退後のプランとして少年チームの指導をしたいと語ったロッベンは、「もちろん練習メニューカットインからのシュートさ」と、周囲を笑わせたという。右サイドからドリブルでカットインする時のロッベンは、ゴールと平行というより自陣ゴール方向へ進んでいくことも多かった。そこから巻き込むような左足のスイングでニアポスト、ファーポストのどちらにも強烈なシュートを打っていた。

 カットインからのシュートは、いわば「ゴールへの花道」だ。

 仕掛ける、かわす、切れ込む、観衆にシュートへの期待が高まるなか、鮮やかな一撃がネットを揺らす。ワンマンショーであり、「来るぞ、来るぞ」という期待に応えた胸のすくような得点シーンだ。

 カットインからのシュートロッベンだけでなく、多くの選手が得意としている。サッカーが始まった頃からあったに違いない。有名どころでは、左45度のエリアにその名が付けられたアレッサンドロ・デル・ピエロがいる。デル・ピエロシュートの強さよりも、放物線を描きながらGKの指先をかすめてゴールインする芸術性が印象的だった。

 ティエリ・アンリも、このシュートの名手だった。アンリ少年時代を過ごしたレズリュスというパリ郊外の街には、「アンリの壁」と呼ばれる壁があった。スケートボード用のバンクなど、様々なスポーツを楽しめる施設がある公園のなか、ちょうどサッカーゴールぐらいの大きさの壁が据えられている。壁は表裏どちらも使えるように空間にポツンと立っていて、映画『2001年宇宙の旅』に出てくる謎の壁面モノリスのようだった。

中島、堂安、久保ら日本人選手にも“それぞれの形”がある

 アンリはよく、この壁でシュートの練習をしていたそうだ。当時からインサイドでファーポストへ巻いていくコースが得意だったという。足が長く、インサイドボールの接触時間が長く思えるような、蹴るというよりゴール隅に置くようなシュートだった。

 Jリーグでも活躍したフッキ(上海上港)も、カットインシュートを得意としていた。もっともフッキの場合は、ところ構わず強烈なシュートをぶっ放すタイプなので、特にカットインだけというわけではないが、ロッベンアンリのようにインサイドでこするというより、問答無用のインステップで打ち抜く感じである。

 中島翔哉ポルト)、堂安律(フローニンゲン)、久保建英(マジョルカ)など、現在の日本人選手もカットインからのシュートはそれぞれ形があり、アタッカーでこれが得意でない人のほうが珍しいぐらいかもしれない。Jリーグでも毎週のようにカットインからの鮮やかなシュートを見ることができる。

 自分で道を切り拓き、チームを勝利へ導く――。ロッベンは「エゴイストだ」とも言われたが、それがロッベンロッベンにしていたのは間違いない。(西部謙司 / Kenji Nishibe)

右サイドからカットインする元バイエルンのロッベン【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)