(出典 img.footballchannel.jp)



プレミアリーグ3連覇を目指すマンチェスター・シティトッテナムとの第2節では試合終了間際のゴールがVARによって取り消される場面が大きな話題になった。

ギュンドーアンもルールを変えろ!と唱えたほど微妙なシーン…。

シティは昨季のCLトッテナム戦でもゴールがVARによって取り消されている。

ジョゼップ・グアルディオラ監督は「デジャヴ?」と冗談交じりに語っていたが、今度は「VARが好き」と発言した。『manchestereveningnews』によれば、こう述べたそう。

ジョゼップ・グアルディオラマンチェスター・シティ監督)

「私はVARが好きだ。正義を提供してくれるからね。

プレミアリーグでVARが導入された)最初のシーズンだ。

フェリーがより公平になることに役立つ。

最終的には正しいものになると考えている。私は当初から同じ考えを持っていた。

私はテクノロジーを支持する。ただ、その過程では順応する時間が必要だ」

VARは公正をもたらすと語ったペップ。ただ、現在は調整段階にあるとの考えも示していた。

ペップ、遺恨があるはずの「VARが好き」と発言!そのワケは


(出典 news.nicovideo.jp)