(出典 image.news.livedoor.com)



エース候補プリシッチにカスカリーノ氏が期待 「非常に危険な選手となる」

 アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチは、今季からイングランドプレミアリーグチェルシープレーしている。かつて同クラブなどで活躍した元アイルランド代表FWトニー・カスカリーノ氏は、プリシッチについて元オランダ代表MFアリエン・ロッベンベルギー代表MFエデン・アザールをも超える素質があると称賛している。スペイン紙「AS」が報じた。

 プリシッチは今年1月、移籍金7300万ユーロ(約86億円)でチェルシーと5年半の契約を締結。昨季の後半戦はレンタルドルトムントに再加入する形でプレーを続け、ブンデスリーガシーズンが終わってからロンドンへ渡った。新天地ではレアル・マドリードに移籍したアザールの代わりとなるべく、活躍が期待されている。

 カスカリーノ氏は英紙「ザ・タイムズ」のコラムで、「クリスティアン・プリシッチは、チェルシーの非常に危険な選手となるように思える。若い時のエデン・アザールがあれほど素早く、直接的だったのは記憶にない。プリシッチアザールレベルに達することができないという理由が見当たらない」との見解を示し、さらにこう続けている。

「プリシッチは私に、アリエン・ロッベンを思い出させる。1対1で彼を止めることはできない。なぜなら、彼がどの方向へ行くのか予測できないし、彼のスピードは非常に速い」

 前エースの後継者となるのは、決して簡単なタスクではない。しかし、カスカリーノ氏はプリシッチの限りないポテンシャルを確信しており、アザールロッベンに肩を並べる選手になることを期待しているようだ。果たして、20歳の若きスターチェルシーで不動の地位を築くことができるだろうか。

【DAZN】
Football ZONE web編集部)

チェルシーMFプリシッチ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)